« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/17

はやぶさ帰還カプセルを見に行ってきた

本日から始まった探査機はやぶさの帰還カプセル特別展示in浜松を見に行ってきました。

本当は、土日に見に行くつもりだったのですが、運良く休みが取れたので平日ならば空いているだろうと出掛けてきました。

場所は、アクトシティ浜松の展示イベントホール第3ブロックです。
Img_0043

入り口で入場券を購入するのですが、券に観覧時間の指定時刻が記入してあります。

はやぶさの出発から帰還までのビデオが上映されていたので、見ながら並び5分ほどで入場券を渡す所まで着きました。
Img_0045

帰還カプセル展示ゾーンは撮影”厳禁”となっています。
Img_0051

壁に貼ってある説明のポスターを眺めながら進むと、いよいよ帰還カプセル展示ゾーンです。
初日から数名撮影をした方がいたそうで、名簿リストが置いてありました。デジカメはデータ削除、フィルムの場合はネガ没収ですので、気をつけてください。
最初の二つはレプリカで、帰還カプセル、カプセルの制御基盤、パラシュートの現物、サンプル室の仕組みを説明した模型などが並びます。NASAが材質などを教えてくれず日本独自に開発した熱シールドは特に機密性が高いようでレプリカの展示でした。
下に斜めに鏡が接地してあり、内部が見えるようにしてあるものもあり見やすかったです。
もう少し色々説明があると嬉しかったのですが、立ち止まって読む人が増えると混雑が酷くなりそうなので難しいところですね。
もうちょっと大きいものを創造していたのですが、思っていたのより一回り小さかったです。ですが、何年も宇宙を旅してきた物が目の前にという感動はありました。(途中の幾多のトラブルを考えると良く帰還出来たなぁと思います。)

カプセルの展示は10分ほどで見終わりましたが、その他の展示物は撮影OKとの事で写して来ました。

はやぶさの実物大模型
Img_0053

Img_0057

いとかわの地形を確認してタッチダウンが出来るゲーム?もありました。
Img_0061

家の子が簡単だと言ったら宇宙飛行士になれるぞって言われて喜んでいました。
Img_0062

グッツ販売コーナーでは、ニュートンの特別号などの書籍やフィギュア、プラモデル、ストラップ、クリアフォルダーなどがありました。グッツ販売のレジが遅くて帰還カプセル見るためにならんだ時間よりもかかったかも・・・

以前行われたはやぶさカプセル展示ではただポツンと置いてあるだけだったなんて事もあったようで、見に行くまではちょっとどんな風に展示されるのか不安だったんですが、浜松科学館の方なども色々と工夫してくれたようで、なかなか面白い展示になっていたと思います。
ちょっと宇宙やロケットに興味がある方なら楽しめるのではと思いました。ただ平日の夕方でも、そこそこの人出でしたし、帰りによったビックカメラで見たニュースでもはやぶさ展示が報じられていましたので、土日の混雑がどれくらい酷くなるか心配です。
あとDVDが売っていたら欲しかったのになかったのが残念だったかな?相模原まで見に行こうと思ったくらいでしたので、近場で見られて嬉しかったです。

 

2010/12/11

はままつフラワーパーク「ウインター・イルミネーション」

はままつフラワーパークで「ウインター・イルミネーション」が行われています。

2011年1月16日まで(12月29日~31日は休園日)
夜間開園:17時~21時(最終入園20時30分)
夜間入園料:大人500円、小学生・中学生200円 駐車場料金200円

と、言うことで、早速出掛けて来ました。
しっかりと暖かい服装で出掛けたのですが、カイロが欲しいなと入場口すぐ左側の自動販売機でホットドリンクを購入してポケットに入れてから見学スタート!!

P1050526

P1050531

P1050546

大温室の中は、そこそこ暖かいので生き返ります。
P1050534

P1050537

P1050541


噴水のライトアップもキレイでした。
P1050572


« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ