« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/22

6月26日は部分月食

6月26日は、今年2回目の月食を見ることが出来ます。

部分月食なので、一部が暗くなるだけですが、週末の見やすい時間帯なので子供と一緒に眺めてみるのもよさそうですね。
梅雨時なので天気が心配ですが・・・

静岡県浜松市のデータ
6月26日
月の出:19時01分
部分食の始め:19時16.5分
食の最大:20時38.4分
部分食の終り:22時00.3分

月が東の空に上ってきてから、すぐに月食が始まりますので、東の空がきれいに見渡せる場所で観測するのがお勧めです。

Img_9245

2010/06/18

明日のえんばい朝市は

明日は舞阪漁港で、えんばい朝市が行われます。
人気の生シラスですが、今回は販売されないようです。残念です。

2010/06/04

弁天島花火大会2010

夏の始まりをつげる花火大会

今年も弁天島海開き花火大会が行われます。

開催日:7月3日(土)
時間 :19時30分から20時50分まで

会場 : 弁天島海浜公園(浜松市西区舞阪町弁天島)

交通手段:JR東海道本線「弁天島」駅下車
※会場周辺には駐車場がありません。
会場周辺は、生活道路を中心に18時30分から、22時ごろまで交通規制が行われます。

※入場券1枚につき大人(中学生以上)1名の入場です。
※入場券を持参する家族(保護者)同伴の小学生以下の小人は無料となります。
特別有料観覧席開場時間16時

特別有料観覧席から眺めると、こんな感じに見えます。
入り口で簡単なビニールの敷物を貰えますので、レジャーシートを持っていかなくても大丈夫です。
写真素材 PIXTA
(c) だちゃん写真素材 PIXTA


写真素材 PIXTA
(c) だちゃん写真素材 PIXTA

昨年の弁天島花火大会の様子
弁天島花火大会2009に行ってきた

舞阪町弁天島の天気予報(Yahoo!天気情報)


花火に浴衣

6月28日追加
JR東海が今年も臨時列車を運行します。
弁天島花火大会に「臨時列車」運転(JR東海プレスリリース)
弁天島花火大会に『臨時列車』運転PDF(JR東海プレスリリース)
乗車駅から往復切符を購入する事をお勧めします。

2010/06/03

新幹線なるほど発見デー2010開催決定

今年もJR東海 浜松工場にて、『新幹線なるほど発見デー』が開催される事になりました。

開催日:7月24日(土)・25日(日)
時間:10時~15時 ※最終入場受付時間は14時30分

場所:JR東海 浜松工場(静岡県浜松市中区南伊場町1-1)
※入場は無料です。雨天開催、ただし悪天候等の場合は中止することがあります。


大きな地図で見る


アクセス
駐車場はありません。

JR浜松駅北口から無料シャトルバスを運行。(5分から10分おきを予定、当日の状況により変わることがあります。)
所要時間は15分程度で、9時30分頃から運行開始予定。

浜松駅からの路線バス(有料)
遠鉄バス浜松駅5番のりばより20系統バスで「伊場遺跡入口」下車
宇布見・山崎行きと、入野経由イオン志都呂・舞阪駅行きなどがあります。
運賃は大人150円 9時から17時までは、約10分間隔で運行しています。
※PASMO、Suicaはご利用できませんので注意してください。

イベント
「新幹線車体上げ、載せ作業実演」(初代新幹線0系車両で実施)

「新幹線車両の展示」(ドクターイエロー含む)

「新幹線の運転台見学」(N700系・700系・300系で実施)
Img_4918

「小学生車掌体験」
小学生の方を対象に、N700系グリーン車内で制服を着て、車内改札などの車掌体験

※「新幹線の運転台見学」各日とも約500組と「小学生車掌体験」各日とも約200名は、6月4日より受付が開始される事前申込による抽選となります。 (6月21日必着)
申し込み方法プレスリリースPDF

「ちびっこ運転士制服記念撮影」「体験工作コーナー」「新幹線スタンプラリー」など

息子が今年小学生になったので、昨年やりたがっていた小学生車掌体験にも応募してみるつもりです。また、新設される機器動作体験ゾーンの、パンタグラフの上昇・下降体験やブレーキの動作体験なども楽しみですね。

最新情報は、下記公式ホームページをご確認ください。
浜松工場 新幹線なるほど発見デー JR東海

昨年の様子はこんな感じでした。
新幹線なるほど発見デー2009に行って来た
サイトの左側のマイフォトに2005~2008年の様子を載せています。
2006年に300系の運転席見学、2008年にN700系の運転席見学の画像があります。


毎年書いていますが、はじめて行く方への簡単なアドバイス
○歩きやすい靴と涼しい服装は必須です。(運転席見学が当たった方は冷房の効いた車内で待つことになるので軽く羽織るもの。)
○運転席見学は遅い時間に行くと、見学時間を短縮される事がありますので、早めに見に行くのがお勧めです。秒単位で行動しますので、何を見ようとか、運転席に座る順番とかあらかじめ決めておくと慌てなくて良いと思います。係りの方が計器などの説明をしてくれますので、色々質問すると面白いです。また、運転席内部はちょっと暗めですので、入室する前にカメラの設定を感度を高くする、ストロボが光るようにするなど変更しておくのがお勧めです。
○場内で飲み物も売っていますが、暑さが酷いと早く売り切れることがあるので、荷物が重くなりますが飲み物を持っていくか、場内で早めに入手する方が良いでしょう。また、凍ったペットボトル飲料を買っていくのもお勧めです。濡らしたタオルなどを持っていくのも良いですね。
熱中症になる可能性がありますので、赤ちゃんや小さいお子様の具合には注意してあげてください。(興奮してテンション高くなっていると思いますが、小まめに涼しいところで休憩したり、飲み物を飲ませるように心がけるなど)
○ベビーカーなどを使用する際は、注意して使用して欲しいです。毎年、1~2回は足を轢かれたり、ぶつけられたりするので・・・
○会場入り口で貰えるチラシに、新幹線車体上げ、載せ作業実演などの実施時間が書かれていますので要チェックです。
○スタンプラリーやアンケートは、新幹線なるほど発見デー特製グッツが貰えますので、チャレンジしてみてください。
○無料シャトルバスは非常に混雑しますので(時間によっては40~50分待ち)、待つのが嫌なら路線バスやタクシーなどの交通手段もありです。元気が良ければ、浜松駅から歩けない距離ではありません。
○JR東海から「駐車場はありません。」と公式発表されています。(工場周辺の店舗などへの駐車は迷惑になりますので避けてください。)


« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ