« iTunes Music Store(iTMS)がスタート1曲150円~ | トップページ | ミステリアス・スタンプアドベンチャー 浜名湖エリア07 »

2005/08/04

国際宇宙ステーションとスペースシャトルを見てみよう

国際宇宙ステーションとスペースシャトルを見てみようと言っても、NASAに行くとか、宇宙に行くとかじゃなく、浜松から飛んでいるところを見てみようという話です。

ISS(国際宇宙ステーション)とスペースシャトルの目視予想情報 (宇宙航空研究開発機構)が公開されており、浜松では何時からどの方向に見えるのかが判るようになっています。(他の地域にお住まいの方は、目視予想情報から時間を確認してください。)

浜松での観測可能日時
2005年08月06日 04時32分30秒から
2005年08月08日 03時51分30秒から

晴れていたら明け方の南から東の低い空を横切る姿を見ることが出来ます。(かなり低いので木や建物のない見晴らしの良い場所がお勧めです。)また誤差などで予想より早く通過する場合もあるので、10分位前には眺め始めた方がいいです。
ISSとシャトルは、水星や金星より暗い程度の明るさでスーっと動いていきます。(夕方地上が暗くなってきても、上空を飛んでいる旅客機には日が当たって明るく見えるのと近い状態です。地球の影によって、突然見え始めたり、突然消えたりしますので、日の出のように水平線から出てくるとは限りません。)
結構動きが早く、見られる時間も限られているので、方角を勘違いすると見逃す可能性が高いです。
何人かで一緒に見ていると少しは確率アップするかな?
ハッキリ言ってただの点にしか見えないのですが、あれがテレビに映っていた国際宇宙ステーションとスペースシャトルなんだと思うと、ちょっと違って見えるかもしれませんね。

今回は明け方に見えますが、夕方に見える時もあったりします。
以前空を見ていたら、「何を見ているんですか?」と聞かれ、「スペースシャトル」が通過するのを待っていると言ったら凄くビックリされた事がありました。
国際宇宙ステーションだけだったら、いくらでも観測出来るチャンスがあるのですが、シャトルと一緒になっている時は珍しいので、打ち上げの中継をテレビにかじり付いて見るような方は是非チャレンジしてみてください。
色々問題が発覚したディスカバリー号ですが、無事に帰還して欲しいなぁ。

参考リンク先
ISS・スペースシャトルを見よう(宇宙航空研究開発機構)

jsc_iss005e16524
(C)NASA

« iTunes Music Store(iTMS)がスタート1曲150円~ | トップページ | ミステリアス・スタンプアドベンチャー 浜名湖エリア07 »

スターウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33825/5302021

この記事へのトラックバック一覧です: 国際宇宙ステーションとスペースシャトルを見てみよう:

« iTunes Music Store(iTMS)がスタート1曲150円~ | トップページ | ミステリアス・スタンプアドベンチャー 浜名湖エリア07 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ