« 2005静浜基地一般開放 | トップページ | PlayStation3発表 »

2005/05/15

第35戦闘航空団アクロバットチームF-16

アメリカ空軍三沢基地第35戦闘航空団所属のアクロバットチーム(デモフライトチーム)のF-16CJ(パイロット:キース ラッコウ大尉)です。
静浜基地一般開放(2005年5月15日)で曲芸飛行を行いました。

ベイパー(水蒸気が凝結して出来た白い筋)をひいています。
05051502

うす曇でアフターバーナーも良く見えました。
IMG_7176

もの凄いサービスぶりを発揮して、クルクルと飛んでくれました。
また旋回して戻ってくるのが早いのでテンポ良く眺めることができました。

関連ページ
マイフォト第35戦闘航空団F-16デモチーム
静浜基地での飛行の様子、画像21枚を公開しています。

 

« 2005静浜基地一般開放 | トップページ | PlayStation3発表 »

エアフェスタ(浜松基地 航空祭)」カテゴリの記事

コメント

迫力のある写真ですね。
F-2とF-16は似ているけれど違う機体なのでしょうか?
開発にかなりの費用を掛けたようですが・・

F-16を初めから買えば開発費も掛からなかったのにね?

浜松基地に出かけた際 
F-15とF-2のコックピットに座る体験ができました。
どちらも見通しが良い機体だとは聞いていましたが・・
たしかにコックピットは高かったです(笑)
カメラを持っていけばよかった・・残念っ!!

個人的にはF-104が好きです

F-2はF-16をベースとして日本とアメリカで共同開発された機体です。
最初は純国産で製造を予定していましたが、様々な思惑や予想外の出来事が重なり価格が高くなってしまいました。
そこらへんの経緯は下のリンク先を見てみてください。
http://www.tiheisennoame.net/aircraft/f2/f2.htm
それにしてもF-2のコクピットに座れたとは凄いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33825/4139518

この記事へのトラックバック一覧です: 第35戦闘航空団アクロバットチームF-16:

« 2005静浜基地一般開放 | トップページ | PlayStation3発表 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ