« 第1回浜松シティマラソン2005の交通規制・迂回路が発表された | トップページ | イオン浜松志都呂SCの課題? »

2005/01/29

遠州灘天然とらふぐの漁獲量に振り回される祭り

遠州灘天然とらふぐ祭りがとらふぐの漁獲量の増減に振り回されています。

昨年末まで、不漁が続き今年度の漁獲量は多い時の1/10程にまで減るのではないかと言われ、とらふぐが確保出来ず、フグ客新規予約停止を要請したり、チラシの撤去などをしていましたが、今年になってから突然漁獲量が増えている模様です。

遠州灘天然とらふぐ祭り、今後の予約中止に--不漁で食材確保困難 /静岡

◇申し込み大幅増…でも不漁で食材確保困難
 「遠州灘天然とらふぐ祭り」を主催する遠州灘ふぐ調理用加工協同組合(新村祥一理事長)は20日、フグ料理予約の新規受け付けを停止すると発表した。(毎日新聞)

遠州灘のトラフグ 今月の水揚げ量年末の倍以上に
遠州灘のトラフグ漁が復調の兆しを見せている。年が明けてからの水揚げ量は、昨年末の倍以上。(中日新聞)

ホテル九重
【 新規ご予約受付終了のお知らせ 】
「遠州灘天然とらふぐ」のお問い合わせ誠にありがとうございます。大変申し訳ございませんが、誠に勝手ながら、今期の「天然とらふぐ」の新規ご予約は終了させて頂きました。
限りある貴重な天然資源で有りますので、何卒ご理解をお願い致します。

撤去されたチラシ(2004年12月26日浜松駅構内で貰ったもの)クリックで拡大します。
img016
img017


天然物なので、海水の温度や潮の流れの関係で捕れる量が増減するのは仕方ないですが、せっかく始めた新しい試みが中途半端に終わってしまうのは勿体ないですね。漁獲量を安定させることが、今後の課題って所ですね。
トラフグ資源増大へ 東海大海洋学部で研究集会

県西部で遠州灘のトラフグをブランド化しようという取り組みが盛んになる中、トラフグ資源回復計画に関連した「水産海洋地域研究集会」が十五日、静岡市清水折戸の東海大学海洋学部で開かれ、研究者や漁業関係者らが東海三県におけるトラフグの資源増大対策などを話し合った。(中日新聞)

この記事によると、とらふぐの稚魚の放流についての研究なども行っているようですね。

研究課題一覧 (浜名湖分場の研究紹介)(静岡県水産試験場浜名湖分場)

資源添加率向上技術開発事業( トラフグ )
トラフグのこどもを放流することによって、駿河湾、遠州灘のトラフグ資源の安定と増大を図る研究をしています。


遠州灘の天然とらふぐをあきらめ、よその産地と思われるものを仕入れて格安で提供しているホテルもあります。
グランドホテル浜松(ホテルニューオータニグループ)
グランドホテル浜松(ホテルニューオータニグループ)
JR浜松駅より車で5分■駐車場無料
▼ふぐ会席▼冬限定プラン 2004年12月01日~2005年02月28日
冬の味覚「ふぐ」を、お一人様¥9980の特別謝恩価格にて、ご提供致します。

静岡産のふぐリスト(通販で購入すれば家庭でもふぐが食べられます。)

« 第1回浜松シティマラソン2005の交通規制・迂回路が発表された | トップページ | イオン浜松志都呂SCの課題? »

☆遠州灘天然とらふぐ&はも祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33825/2612659

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州灘天然とらふぐの漁獲量に振り回される祭り:

» 遠州灘天然とらふぐ [すいさんWatch]
遠州灘天然とらふぐの漁獲量に振り回される祭り よほど毎年の漁獲が安定しないかぎり、天然魚を特産としては売り出しにくいということなのかな。確かにコマーシャルベー... [続きを読む]

« 第1回浜松シティマラソン2005の交通規制・迂回路が発表された | トップページ | イオン浜松志都呂SCの課題? »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ