« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/31

イオン浜松志都呂SCの課題?

日経BP社さんで、イオンモールの抱える今後の課題 ~浜松志都呂SCの場合~なる記事を発見。

昨年11月に、カテゴリーにイオン浜松志都呂SCを追加で指摘した事と、ほぼ同じ内容となっていました。

「1つは雇用の問題です。現在の従業員数は浜松志都呂SC全体で、ジャスコも含めて2200人弱です。専門店全体で1700~1800人は確保したいのですが、今は1200人ぐらいに留まっています。人が少なければサービス低下は免れません。専門店の中には、東京や大阪から応援に来た店員が、人員が足りないためにそのまま帰れなくなってしまうこともあるようです。求人は現在も継続中で、今度のお正月にも新聞に募集広告を入れる予定です」(鈴木氏)。  この背景として、鈴木氏はこの地域の主力企業であるヤマハ、スズキ、ホンダなどの製造メーカーの存在を挙げる。これら業績のいい“優良企業”が浜松には多くあり、周辺の雇用も十分に確保されているため、なかなか人員が集まらないのではないかと推測している。こうした地域特性が、浜松志都呂SCにとっては大きな課題となっているようだ。
こんな事は初めから判る事じゃ無いかと思うのですが・・・ だって、どれもずっと前から浜松にある企業だし・・・ どうやら出店する際に、簡単に人が集まると読み間違いをしたようです。 でも浜松東SCも作るんですよね・・・
雇用を維持するためのフォローアップも行っている。同SCの従業員の多くは、通勤に遠州鉄道の路線バスを利用しているが、通常バスの運行は22時頃に終わってしまう。飲食店は23時まで営業しているので、同SCでは遠州鉄道に依頼し、23時すぎまで浜松駅行きの臨時バスを運行してもらっている。
以前に、志都呂SC経由のバスは、お客様向けっていうより従業員向けの運行ダイヤっぽいと言ってた(イオン志都呂SCへ遠鉄バスが乗り入れ)のあってた様子・・・ そういえば、昨日の夜10時半ごろに行き先案内板の電気が消えた、志都呂SC経由入野浜松駅行きの遠鉄バスを見たけど上の文にある臨時バスだったのかな?ただ単に点け忘れた? 車庫に帰るバスかと思ったら、暗いけど行き先書いてるし、お客さん乗っていたから驚いた。 そういえば、志都呂SCを辞めた理由で、従業員用の駐車場が遠くて嫌になったって方も居ました。
従業員教育にも、さらに徹底させる余地があるという。  「まだお客様からの苦情が結構あります。あいさつをしてもらえなかったとか、商品を渡される時に乱雑だったとか、店内にはそうしたお客様からのご意見をいただくための『ご意見承りカード』が貼ってあります。こうした声があれば、カードをそのお店の店長に渡し、改善点を書いてもらい、私のコメントも付けて掲示させていただいています。ほんの些細なことなのですが、お客様が気分を害されれば、そのお店へはもう行かないかもしれません。度重なれば、お客様の減少にもつながってきます。従業員教育は本当に重要だと考えています」(鈴木氏)。  集客策についてももちろん継続していく。浜松では花博が10月に終了し、来店者は少し減ったという。
来店者ってどこで数えているのか不思議なのですが、志都呂SCに車を置いて徒歩で雄踏駐車場に行き、シャトルバスに乗って駐車場代1000円が浮いてラッキーと喜んでいた家族が結構居たのはイオンさんには内緒です。(自分は庄内駐車場派だったので、そんな面倒な事しようとも思いませんでしたが)


ちなみにお気に入りのお店
谷島屋書店:時間つぶしに最適、品揃えはもう一歩かな。
サンリオ ギフトゲート:誕生日プレゼント選びに
どんぐり共和国:プレゼント選びに
portofino:食べ放題!!パスタもピザも好みにあった
元祖にんにくや:小さい子供連れでも嫌な顔されないし、結構美味しい。
one*way/Bye Bye:一か八か福袋買ったら結構良かった。くじ大吉でおまけもゲット!!
P1000047
ロマンドー ロール:もうちょっと安ければ嬉しいけど・・・たまに買う
って感じです。

クリスマス以外の時にもイルミネーションやればいいのに・・・
P1000001

2005/01/29

遠州灘天然とらふぐの漁獲量に振り回される祭り

遠州灘天然とらふぐ祭りがとらふぐの漁獲量の増減に振り回されています。

昨年末まで、不漁が続き今年度の漁獲量は多い時の1/10程にまで減るのではないかと言われ、とらふぐが確保出来ず、フグ客新規予約停止を要請したり、チラシの撤去などをしていましたが、今年になってから突然漁獲量が増えている模様です。

遠州灘天然とらふぐ祭り、今後の予約中止に--不漁で食材確保困難 /静岡

◇申し込み大幅増…でも不漁で食材確保困難
 「遠州灘天然とらふぐ祭り」を主催する遠州灘ふぐ調理用加工協同組合(新村祥一理事長)は20日、フグ料理予約の新規受け付けを停止すると発表した。(毎日新聞)

遠州灘のトラフグ 今月の水揚げ量年末の倍以上に
遠州灘のトラフグ漁が復調の兆しを見せている。年が明けてからの水揚げ量は、昨年末の倍以上。(中日新聞)

ホテル九重
【 新規ご予約受付終了のお知らせ 】
「遠州灘天然とらふぐ」のお問い合わせ誠にありがとうございます。大変申し訳ございませんが、誠に勝手ながら、今期の「天然とらふぐ」の新規ご予約は終了させて頂きました。
限りある貴重な天然資源で有りますので、何卒ご理解をお願い致します。

撤去されたチラシ(2004年12月26日浜松駅構内で貰ったもの)クリックで拡大します。
img016
img017


天然物なので、海水の温度や潮の流れの関係で捕れる量が増減するのは仕方ないですが、せっかく始めた新しい試みが中途半端に終わってしまうのは勿体ないですね。漁獲量を安定させることが、今後の課題って所ですね。
トラフグ資源増大へ 東海大海洋学部で研究集会

県西部で遠州灘のトラフグをブランド化しようという取り組みが盛んになる中、トラフグ資源回復計画に関連した「水産海洋地域研究集会」が十五日、静岡市清水折戸の東海大学海洋学部で開かれ、研究者や漁業関係者らが東海三県におけるトラフグの資源増大対策などを話し合った。(中日新聞)

この記事によると、とらふぐの稚魚の放流についての研究なども行っているようですね。

研究課題一覧 (浜名湖分場の研究紹介)(静岡県水産試験場浜名湖分場)

資源添加率向上技術開発事業( トラフグ )
トラフグのこどもを放流することによって、駿河湾、遠州灘のトラフグ資源の安定と増大を図る研究をしています。


遠州灘の天然とらふぐをあきらめ、よその産地と思われるものを仕入れて格安で提供しているホテルもあります。
グランドホテル浜松(ホテルニューオータニグループ)
グランドホテル浜松(ホテルニューオータニグループ)
JR浜松駅より車で5分■駐車場無料
▼ふぐ会席▼冬限定プラン 2004年12月01日~2005年02月28日
冬の味覚「ふぐ」を、お一人様¥9980の特別謝恩価格にて、ご提供致します。

静岡産のふぐリスト(通販で購入すれば家庭でもふぐが食べられます。)

2005/01/27

第1回浜松シティマラソン2005の交通規制・迂回路が発表された

2月12日(土)に行われる第1回浜松シティマラソン2005の交通規制・迂回路が発表されました。

浜松市の第1回浜松シティマラソン2005のページに公開されています。

浜松市のホームページには、交通規制・迂回路について,詳しくは下記を ご覧下さい。としか書かれていませんが、PDFファイルへのリンクとなっています。

第1回浜松シティマラソン2005 交通規制・迂回路(PDFファイルへリンク)

第1回浜松シティマラソン2005 各時間帯のランナー走行予想位置(PDFファイルへリンク)

両面印刷のチラシをPDFファイルにしてみましたって感じですね。
まぁこれで、心配だった部分はだいたい判りました。

交通規制の範囲は広いだろうなと思ってはいましたが、道路の渋滞に結構影響がありそうな感じです。
特に住吉バイパスと国道257号が午前9時20分から11時30分まで南北の横断が出来ず、国道152号へ迂回ってのは、混雑が酷そうな感じですので要注意かも・・・

テレビなどでも交通規制のお知らせとかしっかりしておかないと、知らなかったって人が混雑に拍車をかけそうですね。特に今回は第一回の大会なので、周辺の住民も慣れていないだろうし、多少の混乱はあるかもしれませんが、事故とか無いように運営して貰いたいものです。

2005/01/25

EOS Kiss Digitalでのレンズ使用感

キヤノン EOS Kiss Digital ブラック + EF-S18-55mm キット
キヤノン EOS Kiss Digital ブラック + EF-S18-55mm キット
最初に購入したのは、通称レンズキットのブラックモデルでした。
むかーし使っていたOM-2Nもブラックモデルだったし、キスデジで黒が出たら欲しいなぁと思っていた所に出てくれました。
付属のEF-S18-55mmはやや暗めのものの、結構近寄って花なども撮れるのが魅力です。
IMG_3203.jpg
デジタル一眼専用に設計されているので、そこそこキリッとした描画をしてくれます。(逆光にはやや弱いかな)
また、このレンズ、広角側が18mmからとなっており、1.6倍されてしまうキスデジでも広大な風景を撮ることが可能です。見た目がチャチですが、小さくて軽いのが良いです。金色の帯が付いていませんがUSMレンズです。
CRW_3704_RJ.jpg


キヤノン EF28-105mm F3.5-4.5 II USM
EOS5では、扱いやすかったキヤノン EF28-105mm F3.5-4.5 II USMですが、キスデジではちょっと使いにくい印象です。(航空祭に選択を誤って持っていたら、飛んでいる飛行機には望遠が足りないし、地上展示機では広角が足りないという中途半端なレンジだった。)あと設計が古いのかややメリハリにかけた印象の絵になるような気がします。
IMG_2292.jpg


シグマ 55-200mm F4-5.6 DC キヤノン用[デジタル一眼レフ専用]
EF-S18-55mmに続く望遠側のレンズでチョイスしたのが、シグマ55-200mm F4-5.6 DCです。キヤノンのEF55-200の中古品の値段で購入出来る上、それなりの絵を描いてくれます。
欠点としてはUSMでないので、ジージー音がする。飛んでいる鳥や飛行機を撮ろうとするとAFが迷いまくることが多いです(暗いところも苦手です、キスデジ自体が暗いところ弱いのもありますけど・・・)が、望遠レンズにしては軽い、コンパクト、フードも付属って所が良いですね。テレ側だと甘い感じがしますが、55-150mm位で晴れた日の順光で撮ると良い感じに撮れることが多い気がします。
CRW_4102
CRW_4128


キヤノン EF300mm F4L IS USM
次に狙っているのは、キヤノン EF300mm F4L IS USM。これ以上、上のクラスは完全に購入対象外の価格なので・・・
鳥撮り、飛行機撮り、レース撮りに使えるかなぁと期待しています。
キヤノンEF300mm F4L IS USMの価格を比較

キヤノンレンズの価格を比較
オークションでレンズを安く手に入れる


レキサー80倍速 1GBコンパクトフラッシュ(LEXAR-CF1GB-80-380)
レキサー80倍速 1GBコンパクトフラッシュ
去年の夏に512MBのCFカードを1万円ほどで購入したと思ったら、1GBのCFカードが早くも同じ程度の価格まで落ちてきました。RAW撮りが多いので、容量の大きいCFカードも狙っていたりします。
コンパクトフラッシュカードの価格を比較

【送料100円キャンペーン対象商品】Canon バッテリーパック BP-511A (容量:1390mAH)
Canon バッテリーパック BP-511A
購入して9ヶ月で本体に付属していたバッテリーはマダマダそこそこ元気なのですが、冬場で寒いため、予備のバッテリーが欲しいこの頃・・・どうせ買うなら容量の大きい511Aかなぁ。

浜名湖でうなぎの養殖って本当?

浜名湖といえばウナギってイメージがすっかり世間に浸透していますが、勘違いをしている方も多い様子です。

渚園でおこなわれたサザンオールスターズのスーパーライブ「モロ出し祭り~過剰サービスに
鰻ウナギはネットリ父チチウットリ」で桑田さんがMCで言っていたように「浜名湖ではうなぎを養殖していません!」なのです。(DVDにこのMCが収録されていたかは覚えてないんですが・・・)
サザンオールスターズ/1998 スーパーライブ in 渚園サザンオールスターズ/1998 スーパーライブ in 渚園

海苔やカキ(ノロウイルスの影響で売れ行きが芳しくない様子)は浜名湖で養殖しているのですが、うなぎは周辺の池で養殖を行っています。
明治30年頃から浜名湖周辺でうなぎの養殖が始まったと言われています。
シラスウナギが捕れた、地下水が豊富だった、年間の平均気温が比較的高いなどの条件がうなぎの養殖に適していたそうです。
以前は路地池養殖でしたが、ビニールハウスでの加温式養殖が一般的となり、半年~1年半位で出荷が出来るようになりました。
昭和50年代前半までは、静岡県の出荷が日本一でしたが、現在は愛知県や鹿児島県の方が多くなっています。
原因としては、養鰻池の減少=養鰻をやめる人が多くなった為と思われます。
やめる理由としては、色々あるのですが、豊富だった地下水の減少、シラスウナギの不漁が続き高価になったためリスクが大きくなった事などがあげられます。
2004年に行われた浜名湖花博の会場やイオン浜松志都呂ショッピングセンターなどは、養鰻池を埋め立てた場所に作られています。
シラスウナギも高い時は1キログラム100万円以上なんて値段が付きます。1キログラムだとシラスウナギの数は5000匹程でしょうか。(シラスウナギの大きさにもよりますが・・・)1匹200円程ってことになりますね。
餌やら色々手間をかけて育てていくらで売れるかというと1匹1000円程度(大きさなどでも前後しますが)、もちろん全部が大きく育つ訳じゃないですし、病気などで全滅する可能性だってあります。割に合わないよーって声を良く聞きますので、何らかの切っ掛けでやめる業者があるのもうなずける話です。
CRW_3996


養殖の方は、やや下火となった感じがする浜名湖周辺のうなぎ業界ですが、それと較べると加工業者は比較的元気です。浜名湖=うなぎのイメージが首都圏では依然根強いのが大きいですね。
でも、その為か需要と供給のバランスが崩れることもあるような・・・
例えば、土用の丑の日の前には、浜名湖周辺のうなぎ加工業者の前で、鹿児島県ナンバーのうなぎを積んだトラックが荷下ろしをしている光景を見ることが出来ます。(ちゃんと鹿児島県産と表示して売ったかは不明ですが・・・)

養鰻場から加工業者に送られてくるこれらのうなぎはもちろん生きた状態のものです。
加工場の人に言わせると、遠くからの仕入れは、うなぎが弱る、事故などで予定時間に着かないと酸欠でうなぎが死んでしまうなどのトラブルが多いので出来たら近場で済ませたいけど物が無いんだよとの事でした。
ちなみに死んでしまったうなぎを加工して蒲焼きなどにしても、身がグチャグチャで商品にはならないそうです。
あと変わった話としては、生きたウナギを入れるとさばいて骨まで取ってくれる自動うなぎ処理機のようなものもあるようですね。(あまりきれいに処理出来ないそうですが・・・)

浜名湖周辺では、うなぎ料理の店も多いです。
東京と大阪のほぼ中間という土地柄のせいか、関東の背開きと関西の腹開き、両方が混在しています。(やや関東風が多いのかなぁ)
また、調理方法も途中で蒸す関東風(ふわふわと柔らかくなる)と蒸さない関西風(身の食感がしっかりして油がのっている、皮がパリパリ)の両方のお店があります。
背開き(関東風)で関西風の調理方法とかもあったりと、滅茶苦茶になっている感じもします・・・
個人的には美味しいうなぎだったら関西風の調理方法の方が味がわかっていいと思います。
ただ、関西風のお店に連れて行ったら、柔らかくないから美味しくない!とか、逆のパターンで関東風の店でこんな柔らかい物食べられるか!みたいな事をたまに言われることもあるのがちょっと嫌。。。(ここまでハッキリとは言われなかったけど・・・)
大切なお客さんと食事する事があったら、関東風と関西風どっちが好みか聞いてからお店の選択をした方が良いですよ。

ちなみに良く宣伝文句として見かける「浜名湖産うなぎ」の定義ですが、
浜名湖周辺の川で採捕されたシラスウナギを、浜名湖地区の養殖池に入れ養殖したものです。
浜名湖うなぎとして売られていたうなぎ蒲焼きのうなぎのDNAを調べたら、海外で捕れる品種が多かったなどという笑えない話もあるようです。

まだ当店の特上うなぎをお召し上がりいただいていない方へお試しセット特上うなぎ1匹&うなぎ茶...
まだ当店の特上うなぎをお召し上がりいただいていない方へお試しセット特上うなぎ1匹&うなぎ茶漬け1個<送料無料>
価格 2,000円 (税込2,100円) 送料込

楽天市場で浜名湖うなぎを購入する。

2005/01/24

047トラツグミ

トラツグミ(ツグミ科)

黄色と黒と白色の虎縞模様のツグミ(リンク)なので、トラツグミです。
頭、背中、羽は黄褐色に黒色の班、胸から腹は白地に細かな三日月型の黒色班があるのが特徴です。
地味な感じを受けますが、とても綺麗な模様をしています。

シロハラを見てから、10歩ほど歩いた空き地にポツンと居ました。一瞬置物かと思ってしまった・・・

この鳥の虎模様って落ち葉などの上だと保護色で見つけにくいのですが、緑の草の上だととっても目立ちますね。

2005年1月31日浜名郡雄踏町で撮影
05013102

2005/01/21

東海地震をちょこっと考える

静岡県西部って、地震やそれに伴った津波で今切れ口が出来て浜名湖に海水が混ざるようになったりと、昔から地震や津波の影響をたびたび受けてきた地域なのですが、最近の大きな地震の頻発はボチボチ大きい地震が来そうで怖いなぁと思ってしまいます。

そんな中で一度はチェックしておきたいホームページがあります。
その名は、静岡県防災情報インターネット(リンク切れ)

ちょっと、操作が分かり難いのが欠点ですが、地図上で液状化、火災延焼、津波の想定被害を確認する事ができます。あくまで想定なのですが、自分が住んでいる地域や、勤め先や学校がある地域、通勤、通学で通る場所でどのような被害が想定されているのか頭の中に入っているだけでも違うと思います。
この道は液状化現象が起きそうだなとか、こっちの道だと崖崩れがありそうとか、会社は津波が来るかもしれないとか、自宅は延焼が怖いかななどと逃げ方を考えておくのもいいですね。
もちろん自分だけが知っているのではなくて、地震の話題が出た時などに周りにいる人にも教えてあげてくださいね。

地震の対策って2種類あると思います。
まず一番大切なのが、地震が発生したその時を生き抜く事。
次は、その後の避難生活を乗り切る事。

取りあえず出来ることっていっても、上の方に重たい物を置かないとか、寝るところにタンスやテレビを置かない、固定出来る物はしておく位でしょうか。あとはまぁ運任せになっちゃいますね。

神戸で地震にあった友人に聞いた話だと、テレビは倒れるんじゃなくて跳ねるように飛んでくる物らしいですよ。あと変わった所では、ガソリンスタンドは丈夫に出来ているから、意外だけど安全だったって言ってましたね。
あとは、関東大震災にあった祖母は、風呂の残り湯は捨てるな!!蓋付のバケツにはいつも綺麗な水を入れておけと言ってました。ちょっとしたボヤの消火に使えますし、トイレを流すのにも使えるからってのが理由だそうです。
地震だと水道が出ない可能性も高いですし、バケツ一杯分溜めるのって意外と時間がかかるんですよね。
半分忘れかけていたけど、ニュースを見て思い出しました・・・

1月25日追加
あとむの正直日記さんに、サーファーとしての津波対策という興味深い記事がありました。
海岸線に近いところに住んでいる方の参考にもなると思います。
ただ、舞阪や弁天島、新居の海岸から走って標高20メートルの高台まで逃げるのは不可能な感じ・・・
学校や町役場などの比較的丈夫そうな建物に逃げ込むしかないのかな。
ちなみに東海地震の警戒宣言が出された場合、JR東海道線は最寄りの安全な駅に停車するとなっていますが、弁天島駅と新居町駅には停車しません。(言い換えると、この二つの駅のある場所でも危ないってことか・・・)

地震防災グッツコーナー
地震防災グッツを集めてみました。(価格比較も出来ます)
その中から家で使っているもの、欲しいと思ったものを紹介します。
家具転倒防止用具(2本組) 大タイプ家具転倒防止用具(2本組) 大タイプ
家具が倒れる衝撃はとても強く危険ですので、少しでも倒れにくくしたいところ

テレビ、パソコン周辺機器の転倒・落下防止!両面接着マット、リンクゲル・エコ(L-405)【防災...テレビ、パソコン周辺機器の転倒・落下防止!両面接着マット、リンクゲル・エコ
最近流行のゲル入り粘着マット、パソコンディスクのモニターやプリンターを固定します。

震度7クラスの耐震試験クリア!底に貼るだけで家具の転倒防止に!【プロセブン耐震マット4枚入...震度7クラスの耐震試験クリア!底に貼るだけで家具の転倒防止に!【プロセブン耐震マット4枚入
棒などで固定出来ない家具に使用します。

【 震災・災害時の必要品が1セットに!】備えて安心緊急避難セット【 震災・災害時の必要品が1セットに!】備えて安心緊急避難セット
わざわざ揃えるのが面倒な方はセット品がお勧め。
キャンプが好きな方はキャンプ用のリュックにアウトドア用品と非常食をいつも入れておけば役に立ちます。

防災用ラジオ&ライト付き充電器「充電たまごMG120」【送料無料!すぐにお届けできます!】防災用ラジオ&ライト付き携帯電話充電器「充電たまごMG120」【送料無料!すぐにお届けできます!】
音声通話は難しいかもしれませんが、携帯電話のiモード等の通信は使えるのではと言われています。各メーカーの携帯電話の充電とラジオ、ライトが1台にまとまっています。

2005/01/18

046タゲリ

タゲリ(チドリ科)

ケリ(リンク)の仲間ですが、ケリと較べるとやや小さいです。
冬の間、田んぼなどで見ることが出来ます。
頭のてっぺんに飾り羽根があるのが特徴です。
夏羽だとエメラルドグリーンの様な光沢があるのでとてもキレイです。

ケリの中に一羽だけ混じって餌を捕っている所を見ることが出来ました。
冬羽なのか、褐色っぽい色だったのが残念・・・

2005年1月30日浜松市和地町で撮影
05013011

バードウォッチングのカテゴリーを作ってほぼ一ヶ月で、浜名湖周辺で見ることが出来る野鳥40種類以上を載せることができました。

浜松シティマラソンの交通規制はどうなる

かなり前に浜松シティマラソンがあるよという記事を載せたのですが、もう開催まで一ヶ月を切っているのに、詳しい交通規制の内容が全然発表されないような・・・

今のところ、浜松市の第1回浜松シティマラソン2005のページにチョロッと記載がある程度です。

○交通規制について
 本大会の開催に伴い,平成17年2月12日(土)午前中,四ツ池公園陸上競技場から航空自衛隊浜松基地周辺の交通規制を行いますので,ご協力ください。

コース図などは、浜松シティマラソン2005 (浜松だいすきネット)などに載っているので、何となくどこを交通規制するのかは判るのですがあまりにも不親切な気がします。(初めての開催なので細かいところまで手がまわらないのかな?)
せめて一ヶ月以上前には、おきなわマラソン交通規制のお願い(宜野湾市)のようなお知らせを発表して、周辺の住民に知らせておかないと、まずいんじゃないかと思いました。(浜松市に余計なお世話だって言われそうですが・・・)
コースだけじゃなく、その周辺の道路も交通規制されると思うので、どこからどこまで何時頃から何時まで規制されるのか、その時の迂回ルートはどうなっているのかちゃんと説明が欲しいですね。

自分のまわりでも、この第1回浜松シティマラソン2005を楽しみにしている人が多く、優勝目指すから応援してね!って子から、娘と孫娘が一緒に走るから楽しみにしているという方など幅広い層に注目されている感じがしていますので、応援をしようと考えている人へのフォローもして欲しいなと思います。(コース周辺に路上駐車して応援する方が多く出るんじゃないかってちょっと心配だなぁ)

浜名湖のベストビューポイントはどこ?

浜名湖ベストビューポイント選定委員会事務局(浜名湖えんため事務局内)で、浜名湖ベストビューポイント募集をやっています。
締め切り:2005年1月24日(月)

浜名湖の絶景を堪能出来る最高のビューポイントを、理由と画像を添えて推薦するというイベントなのですが、なかなか難しいですね。
浜名湖が見えるだけじゃなく、無料で安全に見られる場所が良いと思うので、晴れた日に浜名大橋(浜名バイパス)上り線から浜名湖と富士山を眺めるとかは却下だろうなぁ・・・(もちろん運転手は眺めちゃダメですよ。)

自分も応募してみようかなどと企んでいるのですが、秘密のとっておきポイント知ってるよって方は応募してみたらいかがでしょう。
推薦者1名に、浜名湖周辺のご宿泊招待券(1泊2食)が進呈されるそうですよ。

2005/01/17

045ユリカモメ

ユリカモメ(カモメ科)

浜名湖や佐鳴湖、周辺の田んぼ等で見ることができます。
カモメの仲間にしては、小柄でスマートな体型をしていて、ギューと鳴きます。
夏は頭が黒いのですが、冬は白い羽に生え替わります。

2005年1月1日浜松市佐鳴湖で撮影
CRW_4128

2005/01/16

044オオバン

オオバン(クイナ科)

昨年(2004年)浜名湖花博の会場で、葉の上に巣を作った事でニュースになった鳥です。
浜名湖周辺では、一年中見ることが出来ます。
真っ黒な体と、真っ白なクチバシが特徴です。

2004年12月30日浜名郡舞阪町にて撮影
04123006

2005/01/15

043ヤマガラ

ヤマガラ(シジュウカラ科)

スズメ位の大きさで、雑木林の中を好む小鳥です。
ツツピー、ツツピーと鳴きながら数匹の群れで居ることが多いです。
木の実を足で押さえてクチバシで割って食べるという器用な事をします。
カツカツと木の実をたたく音がします。
昔、縁日などでくじ引きを引く芸をしたりと頭が良い鳥です。

2004年12月30日浜松市佐鳴湖公園にて撮影
04123003

04123014

表札>黒ミカゲ(ヤマガラ)PIS-125表札;黒ミカゲ(ヤマガラ)PIS-125

2005/01/14

042カルガモ

カルガモ(カモ科)

佐鳴湖や水田などで一年中見ることが出来る水鳥です。
クチバシの先が黄色いのが特徴です。
春には、親鳥のうしろにくっついて泳ぐひな鳥の姿を見ることも出来ます。
警戒心が弱い鳥なので比較的近くから見ることが出来ます。


CRW_4060

04123005

節分で太巻き寿しを食べますか?

実は、2月3日の節分で太巻き寿しを食べるって風習があるのを知ったのはここ10年位です。

恵方巻と呼ばれて、その年の恵方(今年2007年は北北西)に向かって、無言で丸かぶりすると幸せになれるという風習と言われています。

巻き寿しを食べるのは福を巻き込むとか、丸かぶりするのは、縁を切らないとか理由がつけられていますが、他にも七福神にちなんで7種類の具材を入れて福を食べるとも言われています。

愛知県の風習だった説と、江戸末期に大阪の商人が始めたという起源説があるようです。1977年の大阪海苔問屋協同組合が行った節分のイベントがマスコミに取り上げられ、その後全国の寿司屋に広まっていった。らしいのですが、詳しいところは判らないです。愛知県や大阪の方で、30~40年以上前から恵方巻を食べてたよって人がいればハッキリしそうなのですが知っている人いないかなぁ。

バレンタインデーの様に、寿司屋と海苔屋の陰謀だ!とか、色々こじつけだって話しもなかには聞きますが、こうゆうイベントにのっかるのも面白いですよね。

2005年1月14日作成
2005年の恵方は西南西でした。

2006年1月5日変更
2006年の恵方は南南東でした。

2007年1月19日変更
2007年の恵方は北北西だそうです。

2005/01/13

041ハヤブサ

ハヤブサ(ハヤブサ科)

ノンビリしていたカルガモがガァガァ賑やかになったので何だろうなぁと思ったら、上空をハヤブサが飛んでいました。
実はすごい上空だったので、目では何だか判らず、家に帰ってパソコンで拡大してからハヤブサだと判ったのですが・・・
ハトよりやや大きい程度のハヤブサですが、ハトかやや小さい鳥を襲って食べます。
オオタカと同じく、種の保存法で国内希少野生動植物種、日本版レッドデータブックで絶滅危惧Ⅱに指定されています。
飛んでいる時はシルエットで見分けることになりますが、今回はほほの部分の黒い模様が写っていたので区別は楽でした。(やや逆光だったので見辛いのですが・・・)

2005年1月10日浜松市佐鳴湖公園で撮影
0501109

05011010

2005/01/12

040ツグミ

ツグミ(ツグミ科)

浜名湖周辺では、公園、原っぱや空き地などの地面で虫を捕っている姿を見かけることが出来ます。
ハトより小さくスマートな体形です。
全体的に茶色いのですが、白い眉毛の様な羽がある、お腹が白地に黒い斑点模様、羽に少しオレンジ色っぽい部分があるのが特徴です。

2005年1月9日浜名郡舞阪町で撮影
05010902
2005年1月20日浜松市佐鳴湖公園で撮影
05012102


地上デジタルテレビ放送のCM

地上デジタルテレビ放送が6月1日放送開始と、静岡放送(SBS)がCMしているのをみました。
静岡の民放で地上デジタルの放送開始を宣伝しているのを見たのは初めてでしたので、いよいよだなぁと思いました。
P1000056
1月21日追加
前とちょっと変わって上に小さい表示からデカデカと放送開始を告げる内容になっていました。
P1000059

浜松で地上デジタルテレビ放送の送信(中継局)をするのは、NHK浜松放送会館の送信アンテナです。
浜松城からも近い牛山という低い山の頂上にあります。

牛山の様子
P1000042
NHK浜松放送会館の送信アンテナ
P1000044

地上デジタルテレビジョン放送を受信できるチューナーも少しずつですが、値段が下がってきました。とはいえ、5万円近いと言うのは、よっぽど新しい物好きでないとなかなか買えないですね。

ソニー地上・ BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー DST-TX1【即納】【送料無料】ソニー地上・ BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー DST-TX1【即納】【送料無料】
クレジットOK!送料無料!Panasonic 地上デジタルチューナー TU-MHD500クレジットOK!送料無料!Panasonic 地上デジタルチューナー TU-MHD500

2005/01/11

039タヒバリ

タヒバリ(セキレイ科)

ヒバリに似た模様をしていますが、ハクセキレイ等の仲間ですので、シルエットやヒョコヒョコした動き、尻尾フリフリする所ははセキレイそっくりです。
浜名湖周辺では、冬の間、田んぼや河原で見ることが出来ます。
そこそこ警戒心が強いのでハクセキレイみたいに目の前をヒョコヒョコ歩くのを見るのは難しいかも・・・


2005年1月30日浜松市和地町で撮影
05013001

佐鳴湖

春は桜、夏は花火、秋は紅葉、冬は寒いと四季を通じて楽しめる湖で、散歩やジョギングをしている方で早朝から賑わっています。
海からは数キロ離れていますが、大潮時に下流から浜名湖の塩分を含んだ水が逆流してくるため、汽水性魚類も住んでいる珍しい湖です。
自分はどちらかというと佐鳴湖西岸(漕艇場のある側)の方が車も少なく静かなので好きかなぁ。

里山づくりをやったり、周遊できるように歩道の整備をしている(平成17年度中には1周出来るようになるかな?車道を歩く必要があるのは感心出来ませんが・・・)ので、のんびり散歩するのには良いところです。

が、肝心の湖の水質が悪いってのは関心できません。以前の記事でもチラッとふれましたが、環境省が発表した全国の湖沼の水質ランキングで、浜松市の佐鳴湖が堂々の3年連続ワーストワンとなっています。
汚泥を取ったり(汚泥しゅんせつ)、ヨシ原を作ったり、浮島を作ったり、接触酸化水路を設置したり、段子川の護岸を自然石に戻したりと色々やっていますが、水質はほとんど横ばい状態です。
佐鳴湖の水質については、アメニティ佐鳴湖プロジェクト(静岡大学)が詳しい調査を行っています。

浄化施設案内板
CRW_4420
浄化施設の様子
CRW_4421

佐鳴湖西岸の漕艇場から富士山を眺める
CRW_4000

佐鳴湖東岸の浄水施設付近から(大平台の送信アンテナが見えます。)
CRW_4419

関連リンク
アメニティ佐鳴湖プロジェクト(静岡大学)
佐鳴湖浄化対策検討結果報告書(浜松市環境部環境保全課)
佐鳴湖里山楽校(浜松市環境企画課)佐鳴湖 浄化対策専門委員会 資料(静岡県浜松土木事務所)
佐鳴湖懇談会資料(静岡県浜松土木事務所)

2005/01/10

038ハクセキレイ

ハクセキレイ(セキレイ科)

チョコチョコと歩く姿が可愛い鳥です。
水辺や畑の周り、道路の脇などでも見ることが出来ます。
同じ様な色のセグロセキレイという仲間がいるのですが、目の下が白いのがハクセキレイです。
お前に何か興味ないよーってふりをして歩いていくと結構近寄らせてくれる鳥です。

2005年1月7日浜松市志都呂町で撮影
05010706

037オオタカ

オオタカ(タカ科)

富士山を見たあとは、タカを見ようということでオオタカです。(初夢はもう終わっちゃいましたけど・・・)
最近では、愛・地球博愛知万博の会場を変えたことでも有名になりました。
「海上の森」で営巣確認 オオタカが会場変えた(読売新聞)
種の保存法で国内希少野生動植物種に指定されている他、日本版レッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

中型の鳥を襲うと言われていますが、今回スズメを襲うところを見ることが出来ました。
遠くに居るなぁと思っててちょっと目を離したら、5メートル位の近さにいてビックリしました。
何というか凄い迫力です。近くに居た時は見とれていて写真撮れなかった・・・
ボケボケな画像ですが、1枚目の画像はスズメをくわえています。

この鳥、困ったことに密猟者にも大人気なんですよねぇ。巣が見つかったら、卵やヒナは根こそぎ持っていかれてしまいます。その卵やヒナがどうなるのかというと、育ててペットにされ、年とって羽が汚くなる前に剥製にされてしまうという話しです。

2005年1月3日浜名郡雄踏町で撮影
05010301

05010302

愛・地球博へ行こう

限定25%OFF大自然ライブラリー「オオタカの住む町」限定25%OFF大自然ライブラリー「オオタカの住む町」

2005/01/09

036バン

バン(クイナ科)

夏だと真っ赤なクチバシと真っ黒な羽が目立つバンですが、冬はクチバシや羽も茶色っぽくなり、地味になっています。脇腹に白い班があるのも特徴です。

浜名湖やその周辺の養魚場で見ることが出来ます。


2005年1月30日浜名郡舞阪町で撮影
05013002

035シロハラ

シロハラ(ツグミ科)

薄暗い林の中で落ち葉をひっくり返してガサガサ音を立てて虫を捕っていました。
ツグミの仲間でシルエットはそっくりですが、頭が灰色で羽と背中が褐色です。
シロハラっていう割にお腹はあまり白くありません。

藪の多い林の中で、落ち葉の上にいると保護色で見つけにくいですね。
ガサガサって落ち葉の音で居るのに気がつき見ることが出来ました。

2005年2月12日磐田市桶ケ谷沼で撮影
05021201

富士山が綺麗に見える季節

この季節の浜松は天気が良いとスカッと晴れて、地平線に近い空まで青く見えます。

そんな時は、富士山も結構良く見えます。

ドライブしていると、こんな場所からも見えるんだぁとビックリする事があります。

CRW_4160

2005/01/08

034シメ

シメ(アトリ科)

スズメよりやや大きい鳥で、カワラヒワと同じアトリ科の鳥です。
喉が黒い事と、ややピンクがかったような褐色の胸から腹、茶色っぽい羽に白い模様が入っています。
飛ぶと羽の白い模様がとても目立ちます。
チチッと鳴く他、木の実を嘴で割って食べる時のパキパキ言う音が印象的です。

2005年1月21日浜松市佐鳴湖公園で撮影
05012104

シメ

2005/01/07

033ダイサギ

ダイサギ(サギ科)

大型のサギです。
クチバシが黄色く、足が黄色味がかった黒色です。
もう少し小型のチュウサギは、黄色いクチバシの先の方が黒くなっています。
川の周辺や田んぼなどで姿を見ることが出来ます。

2004年1月20日浜松市西鴨江町で撮影
05012105
コサギ(クチバシが黒く小さい)と一緒にウジャウジャ居ました。
05012103


032チョウゲンボウ

チョウゲンボウ(ハヤブサ科)

ハト位の大きさで、畑や田んぼ等のひらけた場所の電柱や電線にとまっていることが多いです。
冬の間は、浜名湖周辺でもよく見ることが出来ます。
小鳥やネズミなどを捕まえて食べます。

浜名湖の周りをドライブしていたら、電線の上にハト発見!!と思ったのですが、??何だかシルエットが違うような・・・
気になったので、Uターンして安全な所に駐車して近寄ってみました。
小柄なタカの仲間のチョウゲンボウでした。
結構顔も可愛い感じで、何だか人懐っこく見えました。。
下から見上げると時々チラッとこちらを見るのですが、全然逃げる様子がありません。
おかげで飽きるまでゆっくりと見ることが出来ました。

2005年1月3日浜松市古人見町で撮影
05010305

WATARIDORI~もうひとつの物語~コレクターズ・エディションWATARIDORI~もうひとつの物語~コレクターズ・エディション

ドバト

ドバト(ハト科)

もともと人が飼っていたハトが逃げ出して、繁殖して増えたものです。
昔から日本に居た鳥でもなく、渡り鳥のように飛んできた鳥でもありませんので、「野鳥」ではありません。
集団で生活するのを好み、公園で群れをなしたり、マンションのベランダに巣を作ったりといった事で、問題になることも多いです。
浜松駅のバスターミナル周辺でもウジャウジャ居ますね。
最近では、このドバトを狙ってタカの仲間が都会に住み着くといったことも増えてきました。

2005年1月14日浜名郡雄踏町で撮影
05011401

2005/01/06

舞阪町のスッポン養殖

浜名湖周辺の舞阪町の池ではスッポンの養殖を行っています。

株式会社 服部中村養鼈場さんが、うなぎの養殖を行った際に、スッポンの養殖も一緒にやったのが始まりと言われています。(この会社、うなぎの養殖はやめたみたいです。)
全国的にビニールハウスや温泉を利用した養殖が盛んになってきていますが、ここでは屋根などを付けない養殖(露地養殖)が行われています。

場所はJR舞阪駅を北側に降り、新幹線のガード下を通り左手側に進むと養殖池を見ることが出来ます。また日向ぼっこしているスッポンの姿を眺める事が出来たりします。(11月から3月頃まで冬眠しているので姿を見ることは出来ません。)
共食いをするので、大きさごとに池を分けたりと色々大変みたいです。

余談ですが時々農業用の用水路などに逃げ出した?スッポンが居たりすることもあります。(たまーにですが)

あとスッポン料理のお店としては、舞阪町にある弁天島山本亭が有名です。(JR弁天島駅)
Yahoo!グルメ 弁天島山本亭すっぽんフルコース(4人前) 12,000円

一瞬ですが新幹線からも養殖池を見ることが出来ます。
山側にある看板が目印です。最初なんで京都か意味が分からなかったのですが、京都のすっぽん料理の老舗大市さんがココのすっぽんを使っているという宣伝のようです。
京都すっぽん料理大市ホームページの大市のこだわりというページに大市専用の養殖池があることが書いてありました。
ちなみにこのお店の料金は、御一名様 23,000円 (消費税・サービス料込)だそうです。
CRW_4074

スッポンの日向ぼっこ用?の板
CRW_4075

P0521000014


すっぽん鍋セットすっぽん鍋セット

【宅配送料込み】服部中村養鼈場 すっぽんスープ【宅配送料込み】服部中村養鼈場 すっぽんスープ


2005/01/05

タイワンリス?

タイワンリス?(リス科)

バードウォッチングをしていると、鳥以外の動物を発見する事があります。
木の枝の上をガサガサと動いている生き物が居るなぁと探していたら、目の前の枝にピョンと飛び出してきました。
目がクリクリしているのとフサフサのしっぽが可愛いです。
結構大きいので、初めて見るとビックリするかもしれません。(体20センチ、しっぽ20センチ位)
浜松市内でもちょっとした雑木林があるところではちょくちょく見ることが出来ます。(浜松城公園とか)

2005年1月1日浜松市佐鳴湖公園で撮影
05010103

2005年1月10日追加
タイトルをニホンリスからタイワンリス?に変更しました。
浜松市では、野生化したタイワンリスが繁殖しているそうで、警戒心が弱い、パンとかご飯も食べる雑食性だそうです。いまいち見分け方が判らないので?をつけました。
浜松市四ツ池公園だと餌付けされているのかウジャウジャ寄って来ました。
旧浜松動物園から逃げ出し繁殖したとの説があるそうです。
浜松の他に鎌倉などでも見ることが出来るようです。
CRW_4472

CRW_4475

031カワラヒワ

カワラヒワ(アトリ科)

緑色がかった褐色で、スズメ位の大きさの鳥です。
地味な感じがするのですが、風切り羽の黄色班が飛ぶと目立って綺麗です。
水のない田んぼや、河原の草むらなどで見ることが出来ます。(河原にいるヒワだからカワラヒワか・・・)
地面でヒョコヒョコ餌を捕っている時は、保護色で見つけにくいですし、電線等にとまっているとスズメと間違えやすいです。気がつかずに近づいてしまい飛んでしまってから、羽の黄色班でカワラヒワだったぁと気付いたことが何度もあります。

カワラヒワで思い出すのは、庭の木からヒナごと巣が落っこちてきた事がありました。(結局ヒナは助からなかったんですけどね・・・)

2005年1月19日浜名郡雄踏町で撮影
05011901

030コチドリ

コチドリ(チドリ科)

海岸や池などで見かける鳥でスズメほどの大きさなのですが、足が長いです。
頭のてっぺんが灰褐色で、目の回りに十字模様に黒い部分(冬は色が灰色っぽくなります。)と首のまわりの黒い模様が特徴です。
チドリの仲間って気が強いのが多いのですが、この鳥も可愛い感じに似合わず巣に近づいたりすると人でも襲ってくることがあります。

2005年1月14日引佐郡細江町で撮影
05011402

05011403

029スズメ

スズメ(ハタオドリ科)

自分でスズメが好きって言っておきながら紹介してませんでした。
昔から馴染みの多い鳥です。
鳥を見る時に、スズメ、ハト、カラスなどのよく見かける鳥より大きいか、小さいかってのは鳥の名前を調べる時の目安にもなります。
民家の近くや田んぼ、草むらでみることが出来ます。
家のあまり使っていない雨戸、納屋や屋根の隙間にワラ等の草を詰めた巣を作ることがあります。
ちなみに普通のスズメはホッペに黒い点があるのですが、無い種類もいてニュウナイスズメって名前になります。

2005年1月19日浜名郡雄踏町で撮影
05011902
2005年1月20日浜松市佐鳴湖公園で撮影(何だか微妙にがに股なのが・・・)
05012106

2005/01/04

028ホシハジロ

ホシハジロ(カモ科)

浜名湖や養魚場でよく見かけるカモです。
頭から喉まで光沢のある赤茶色で胸が黒色です。
11月~2月にやって来る渡り鳥です。
コガモやヒドリガモなどと一緒に居ることも多いです。

2004年12月28日浜名郡雄踏町で撮影
04122804

2005/01/03

ものまねライブとマジックショー

イオン浜松志都呂ショッピングセンターでものまねライブとマジックショーがあります。

イオン浜松志都呂ショッピングセンター イベントニュース

原口あきまさ ものまねライブ

開催日:
1月4日(火)
時間: ○1回目:11時~ ○2回目:15時~
場所: イオンモール専門店街1階 セントラルコート

ふじいあきら マジックショー

開催日:
1月5日(水)
時間: ○1回目:11時~ ○2回目:15時~
場所: イオンモール専門店街1階 セントラルコート

お二人とも売れっ子ですので、こういった機会に見ることが出来るのは嬉しいかも・・・
ふじいあきらさんは用事で見に行けないのですが、原口あきまささんは見に行こうと思っています。

お二人の公式ホームページ
@原口あきまさの@あ's R
ふじいあきらオフィシャルサイト

2005/01/02

027モズ

モズ(モズ科)

スズメよりやや大きい小鳥ですが、クチバシの鋭さから判るように肉食の鳥です。
捕まえたカエルなどを枝に刺す、ハヤニエをする事でも有名な鳥です。
長い尻尾をクルクル回して、キィキィ鳴きます。
飛ぶときは、低くスーッと飛びます。
自分より大きい鳥でも襲う事があります。(食べるのはカエル、バッタが多いですが)
結構見晴らしの良い木にもとまるので目立ちます。

2004年12月30日浜松市佐鳴湖公園で撮影
2004123002

2005年1月10日浜松市佐鳴湖公園で撮影
05011001

2005/01/01

初日の出

遠州灘海岸で初日の出見てきました。良い天気になって良かったです。p1000045.jpg
デジカメで撮った初日の出画像を追加しました。
CRW_4102

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ