« アスロンで焼豚か? | トップページ | 林檎Duron にもしてみたが »

2004/06/16

電源を鎌力に変えてみた

取りあえず、電源のスイッチを入れただけで、メインスイッチが入る状態になるのが気になったのと、ボチボチ電源を交換しても良い頃かなと思っていたので、Topower製電源「鎌力(KAMARIKI)350Wに変えてみた。
ニッケルコーティングによる光沢と、背面のメッシュ状の形が格好いいです。
ファンは、15mm厚の90mm角が1基で、80mm角ファンより優れた静音性を確保したらしい。
ケースファン用の12V4ピンコネクタが用意されているのも面白い。これにケースファンを接続すると、温度に応じてケースファンの回転数が制御されるようになるほか、電源OFF時に約3分間ケースファンが回転し続け、筐体内部の熱を排出してくれるという機能も備えているそうだ。スイッチを切ってもファンが回っているのは面白かった。Serial ATA用のコネクタがある電源は初めてだ。
気温が熱くなった時や、耐久性は判らないが静かだし、結構良いかも知れない。
でも、結局アスロン機は復活しなかった。
P1000006.JPG

« アスロンで焼豚か? | トップページ | 林檎Duron にもしてみたが »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33825/6480869

この記事へのトラックバック一覧です: 電源を鎌力に変えてみた:

« アスロンで焼豚か? | トップページ | 林檎Duron にもしてみたが »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ