« ぼろいサウンドカードで自爆した | トップページ | アスロンで焼豚か? »

2004/06/14

AthlonXP2500+の見積りを考える

今まで、Macをメインに使っていた弟から、初めてのDOS/VパソコンをAthlonXP2500+で組んでみたいと言われたので、ちょっとどんな構成が良いか考えてみた。

CPU:AMD Athlon XP 2500+ \9000 コストパフォーマンス最高
CPUクーラ:FalconRock TP \2,600 リテールファンは五月蠅くて扱いにくいから変更
ビデオカード:SAPPHIRE RADEON9600XT Ultimated \20000 3DゲームもOK
マザーボード:ASUSTeK A7N8X-E DELUXE \14000 無難なnForce2
メモリ:PC3200(DDR400) 512MB DDR SDRAM(CFD販売)同ロットを2枚セットで\23000 安心なCFD物
ハードディスク:Seagate ST3160023A 120GB \10000 キャッシュは2MBでも早さに大差ない
光学ドライブ:日立LG GSA-4082B BOX品(DVD±R/±RW/RAM)\11000 +RDLはメディア高いからパス
キーボード、マウス他:OWLTECH スリーインワン・ツー OWL-SMK02 \1600 付属品はセットで安くGet
ケース:OWLTECH OWL-612-SLT(SW)/400 \19000 ケースと電源は良品を!トラブルが減ります
OS:WindowsXP HOME OEM \13000 XPproは普通の使い方ならいらないだろう
で合計:約12万円
G4 Cubeの変わりなので、出来るだけ静かな方が良いかと、CPUクーラーとファンレスのビデオカードを選択し、画像を多く扱うと思うのでメモリを合計1Gにしてみた。
3DゲームをしないならビデオカードをDVI付きのgeforce5200ファンレス物とかにしてもいいけど、ケースはそこそこ良いものを選ばないと共振して五月蠅かったりろくな事がない。

Pentium4の構成にすると、約13万円ほどになる。
CPU:Intel Pentium4 2.8C \20000 Pen4ではコストパフォーマンスが良いのはこれ
マザーボード:ASUSTeK P4P800-E Deluxe \14000 
ただ、Pentium4の場合、次の規格であるLGA775対応CPUが発売されたので考え所でもある。
対応CPUとマザーの販売がスタート、システムのみ
i915チップセット搭載マザーとLGA 775対応Pentium 4を採用(AKIBA PC Hotline!)

新しいソケット、PCI Expressによるビデオカードの接続とか大幅に変わっているし、そんなに値段が高くないのは良いかもしれない。ただSocket478で悪行高かったpresscotコアのCPUがLGA775でどの程度改善されたのかは要チェックかな。
ちなみに今までのSocket478対応Pentium4の値下げ(プライスカット)は8月頃ではという噂がある。同じ値段でワンランク上のCPUが変えるようになるでしょう、たぶんだけど。

もうひとつの選択として、Athlon 64もありかと。
CPU:AMD Athlon 64 2800+ \22000 値段差が数千円なので3000+も良いかも
マザーボード:ASUSTeK K8V SE Deluxe \17000 クロックを下げる機能が使えるボード
値段が下がったら3700+にパワーアップもできるし、64bit版のWindowsXPが出れば性能もアップする可能性がある。

あと、もしAthlonXP2500+で組み立てるとしたら、一番危ないのはCPUのコアの周辺をガリッとやらないか心配だな。自分は、socket370のPentiumIIIとかで何度もCPUの取り外しやった事があったけど、AthlonのCPUコアはすっごくモロイ感じがして壊しそうで怖かったですよ。失敗してもう一個CPU買うのが嫌だったら、初めからCPUのコアが金属のプレートに包まれていて壊す心配が少ないPentium4かAthlon64が良いかもしれない。
あと、説明書には、基本的な接続方法とかしか書いていないから、PCの作り方とかの本を買っておくと安心かも。
特にMacからだと、ディスクのフォーマットの仕方やOSのインストールの仕方が全然違うから、今までの知識が役に立たないよ。あと、部品に触る時は静電気に注意するとか、組み立て途中や配線を変える時はコンセントを抜くとか基本なんだけど、忘れがちなので要注意です。

ちなみにアップルのモニターがADC入力のものだと、DVIからADCに変換するアダプタがいる。
古いタイプのDVI入力タイプのモニターなら、DVI出力を持っているビデオカードがそのまま繋がるはず。

« ぼろいサウンドカードで自爆した | トップページ | アスロンで焼豚か? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33825/6480867

この記事へのトラックバック一覧です: AthlonXP2500+の見積りを考える:

« ぼろいサウンドカードで自爆した | トップページ | アスロンで焼豚か? »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ