July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 食品の放射性物質の危険性は? | Main | 福島産牛の放射性セシウム検出は検査ミスか? »

March 29, 2011

放射性物質の暫定基準ってどうなのか?

放射性物質の暫定基準ってどうなのか?

いくつか不明確だった情報が出てきました。

まず野菜などの検査方法
当初の報道などでは、野菜を洗浄する事で放射性物質が減るという解説者などの説明がありましたが、洗浄後に測定した数値であることが判明しました。
洗って放射性物質が落ちて数分の一に減って、なおこの値ということになります。

暫定基準値が厳しすぎるため、数値を見直して欲しいという話
内閣府の食品安全委員会で検討した結果、ヨウ素131について世界保健機関(WHO)が示した年間50ミリシーベルトを制限値とするべきとの見解を指示し数値の緩和をしないことが決まりました。
放射性セシウムについては、意見がわれて結論が出なかったようですが・・・
放射性物質を取り続けて微量の内部被爆をし続けるなんて前例がほとんどないので難しいのでしょうね。
ちなみに、チェルノブイリによる食品汚染の時は、放射性セシウム134と137の合計が370 Bq/kgで輸入不可という基準でした。

そして暫定基準値について今頃言うか!!という話題が・・・
“暫定基準 説明が不十分”nhk

福島県産などの一部の野菜から国の暫定基準を超える放射性物質が検出された問題で、政府は、これまでこの暫定基準は一生食べ続けた場合の数値と説明してきましたが、実際には放射性物質が次第に減少することを前提とした一時的なものであることが分かりました。

暫定基準の基となった指標を作成した原子力安全委員会の元委員の方が、「あくまで放射性物質が一度だけ放出されて、次第に減少していくことを前提とした一時的な指標」であるって暴露したという話なのです・・・

「放射線の健康被害ほぼない」-国立がん研究センターが見解

また、水道水や農作物についても、「摂取制限の指標は、十分過ぎるほど安全と言えるレベル」と指摘。汚染されたと考えられる食物も、放射性物質の半減期(ヨウ素131は約8日、セシウム134は約2年)を考えた保存や水洗いで十分に利用可能だとした。

この暫定基準値については、自分のまわりの人でも色々な考えの人が居て、結構混乱しています。
ある人はネギは規制対象に入っていないから大丈夫だろう。安く売っていてラッキーいっぱい買ったという人が居れば、関東方面は微量でも放射性物質がついている可能性が高いから、他の地方のものを高くても選ぶなど、さまざまです。

自分としては、放射性物質はチリのように舞い上がり風にのって、海、山、畑、町わけ隔てなく降り注ぎ、雨が降れば大気中の放射性物質も一緒に地上に落ち、川→水道、土を汚染するものだと考えていますので、ほうれん草がダメで、葉ネギはOKってのはありえないと思っています。
放射性物質は無いのが当然!!この位の量なら大丈夫と言われても、実際にデータに基づいた安全だ!という根拠が薄い今の状況では、他に食べるものがあるなら安いからといった理由で放射性物質が検出されている土地のものを購入する必要は無いと考えています。特に小さなお子さんの居る家庭では、長い目で見るとどう影響があるのか判断出来ない(何かあっても因果関係を立証するのは困難だろうし)ので注意するべきだろうと思います。
これを風評被害だと言われる方も居るかと思いますが、詳しい放射能汚染のデータが公開されない以上仕方が無いと思います。国は単純に福島県の何々が出荷制限とかいうだけじゃなく、どこの市町村がどれだけ汚染されていて、どこが酷くて、どこが大丈夫なのかをしっかりと公表して欲しいと思います。


« 食品の放射性物質の危険性は? | Main | 福島産牛の放射性セシウム検出は検査ミスか? »

放射能」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 放射性物質の暫定基準ってどうなのか?:

« 食品の放射性物質の危険性は? | Main | 福島産牛の放射性セシウム検出は検査ミスか? »