July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 中国毒餃子事件で逮捕者 | Main | 宮崎の1例目口蹄疫確定 »

April 21, 2010

宮崎県で牛に口蹄疫(こうていえき)の疑い

宮崎県で牛に口蹄疫(こうていえき)の疑いです。

PCR検査(遺伝子検査)で、陽性が確認されており、家畜伝染病予防法に基づく口蹄疫の疑似患畜と判断されました。
ウイルス分離検査による確定診断でウイルスが確認されれば、家畜伝染病予防法に基づく患畜となります。

口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類(蹄が割れているのが特徴)の動物の病気です。
農林水産省では、人に感染することはありませんとホームページなどに掲載していますが、極めてまれに感染することもあるそうです。
感染牛の肉や牛乳を摂取しても人体には影響がないと言われています。

家畜の伝染病の中では感染力が高いそうなので、感染した牛などが死んだりすることが無い病気ですが、感染の拡大を防ぐため殺処分となります。

すでに最初の農場から3キロほど離れた農場で2例目となる牛が発見されています。

現状では、国外への牛肉の輸出が停止されるなどの影響が出ていますが、被害が拡散すると牛肉の価格上昇などの影響も出てくるかも知れません。


« 中国毒餃子事件で逮捕者 | Main | 宮崎の1例目口蹄疫確定 »

伝染病」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宮崎県で牛に口蹄疫(こうていえき)の疑い:

« 中国毒餃子事件で逮捕者 | Main | 宮崎の1例目口蹄疫確定 »