July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« March 2009 | Main | June 2009 »

April 2009

April 07, 2009

えび、かにのアレルギー表示

紹介したつもりが抜け落ちていたので、えび、かにのアレルギー表示のお話。

食品衛生法施行規則の一部を改正する省令が平成20年6月3日に公布され、「えび」又は「かに」を原材料とする加工食品等には、これらを原材料として含む旨の表示が必要となりました。(2年間の移行期間がありますので、えび、かにアレルギーの方は一括表示を鵜呑みにしないでください。)

えびについて変更が有った点としては、アレルギー表示の「えび」の範囲としていなかった、いせえび・うちわえび・ざりがに類が、「えび」の範囲に含まれることとなりました。

その他、意図せず混入(コンタミネーション)してしまう場合ですが、今まであった製造工程でのコンタミ以外に、
原材料の採取方法によるコンタミネーション、えび、かにを捕食していることによるコンタミネーションが考えられます。
これは、えびやかにの幼生が魚などのエサとなっているケース、漁法によって小えびが混ざるケース、あさりの中でかにが共生しているケース、海苔の中にえびやかにが住んでいたケースなどがあります。

海苔、いわし稚魚(しらし、ちりめん、小女子、たたみいわし等)、すり身(スケトウダラ、イトヨリダイ、ホキ、ホッケなど)、二枚貝(アサリ、ハマグリ)などで、えび、かにの甲殻類たん白質が検出されたとの調査結果(厚生労働省において実施した混入検査)が公開されています。

表示例
○原材料の採取方法によるコンタミネーション
・「本製品で使用しているしらすは、かに(特定原材料等の名称)が混ざる漁法で採取しています。」

○えび、かにを捕食していることによるコンタミネーション
・「本製品(かまぼこ)で使用しているイトヨリダイは、えび(特定原材料等の名称)を食べています。」

« March 2009 | Main | June 2009 »