July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« March 2008 | Main | July 2008 »

May 2008

May 16, 2008

東京都が国産冷凍食品に原産地表示を行う独自基準を作成

しばらく前から話題になっていることに、東京都が国産冷凍食品に原産地表示を行う独自基準を作成するという話があります。

最初は知事の産地表示拡大を求めるようなコメントからスタートしたと思ったのですが、国(農林水産省や厚生労働省)の反応が鈍かったためか、今まで例のない都条例で表示を行わせる方針になったようです。

このニュース日本経済新聞とかにも載っていたのですが、地方版に載ってなかった為知らない人や、読んだり聞いたりしていても、東京都の事だからと他人事と思っている方も多いようです。

でも、食品衛生法やJAS法などに基準が無くても、都道府県の条例等で規制されたり、規格が定められている食品に関する事柄って意外と多い物です。
特に東京都の条例は、他の県の基準になると言われているほど影響力が大きいです。

そして今回の食品の原料原産地表示のあり方についてのポイントをまとめると
第19次東京都消費生活対策審議会答申「食品の原料原産地表示のあり方について」より引用

食品の安全性に対する不安が高まり、消費者が適正な選択をすることに支障が生じていること等から、国に先駆けて都が原料原産地表示義務づけの対象となる加工食品の拡大に取り組むことは、大きな意義があるとともに、国の施策を動かす原動力ともなり、都民に安心かつ適正な食品選択の方途を提供することにつながる。
国に先駆けて都が行うって所がポイントですね。都がやったから厚生労働省や農林水産省も動くってのは、面白くないと思う偉い人も多いと思われ・・・素直に東京都と同じ事をするとは思えないなぁ。
原料原産地表示を義務づける加工食品は、食品に対する安全・安心の揺らぎの原因となった加工食品が調理冷凍食品であること、加工食品の中で特に調理冷凍食品は、利便性が高く都民に広く利用されていること等を勘案すると、当面、「調理冷凍食品」に限定するのが適切である。
JTの毒餃子事件が引き金を引いちゃったので、調理冷凍食品が狙われるのは仕方ないか・・・ ただ今回はたまたま冷凍餃子だっただけとの見方も出来るので、それだけで良いのかとの疑問は残ります。
表示すべき原材料は、生鮮食品及び生鮮食品に近い加工食品(JAS法で原料原産地表示が必要な20食品群及び個別の品質表示基準で規定されている4品目)に限って表示すべきとの考え方は、JAS法の規定との整合性も考慮されており、妥当である。
ここは、あまり独自に突っ走って○○省に反発されるのも面倒なので、ちょっとは顔を立てておこうという魂胆か? 答申全文PDFの最後に調理冷凍食品において、原産地を表示すべき原材料の一覧表があります。
表示すべき原材料の範囲は、JAS法の野菜冷凍食品の品質表示基準「原材料の重量に占める割合上位3位までのもので、かつ、原材料の重量に占める割合が5%以上」を援用することは、消費者による適正な選択の確保という観点並びに法律上の表示制度との整合性の観点からも妥当である。また、商品を特徴づける原材料を商品名に冠した場合には、消費者の食品の選択に大きな影響を与えるものであることから、その原料原産地を表示すべきである。
表示方法については、容器包装への表示を原則とすべきであるが、それが極めて困難な場合には、代替的な表示手法も考えるべきである(例えば、容器包装に問い合わせ先を明記するなどにより、ホームページ、ファックス、電話等を利用して正確な情報提供を受ける仕組み等)。
冷凍食品の原材料なんか、その時の相場で安い物を一定数入れて作るの繰り返しなので、コロコロ原産地が変わる可能性が”大”です。 普通、印刷フィルムのロットの方が大きいと思われますので、産地が変わるたびに版下起こして古いフィルムを廃棄して、新しく作るなんてやっていられないと思います。そんな業者からの声に対する答えですね。 ただ、スーパーなどの店頭で買うお客さんは、その場で確認したいと思いますので、携帯電話ですぐに読み込めるようにQRコードを付けて携帯電話用のサイトで産地確認させるという手も考えられます。

まぁ、色々と初めての試みも多いですし、まだまだ具体的な実施方法が見えてこない所も多いのですが、どうなるのか気になります。

« March 2008 | Main | July 2008 »