July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« November 2006 | Main | March 2007 »

January 2007

January 27, 2007

ぺこる

不二家さん、保健所の立ち入り検査で更に・・・・という可能性を前回書いたのですが、
やっぱり・・・という結果になっています。

最近営業の人が、「ぺこる」という言葉を使っています。
嘘や隠し事をするなという意味で使われている様子。
グーグルで検索することをググると言うのと同じですね。

ただ、一日でも賞味期限が過ぎていたら絶対食べたらいけないって風潮はどうかと・・・
賞味期限は、その期間内なら美味しく食べられるって事だったはず。
味や安全性などが保証される期限とされていますが、ちゃんとしたメーカーなら品質に異常が無かった日数に0.7を掛けたものを賞味期限にしているので、あまり神経質になることも無いと思うのです。(まぁ信じている人が多かったメーカーさんがやらかした事件なので、何を信じれば良いのか判らないかもしれませんが)
(賞味期限の設定方法:試験で製造日から180日までOKだったら、180×0.7=126日後を賞味期限として設定)

逆に賞味期限を鵜呑みにする方が危ないです。
特に家庭用の冷蔵庫と冷凍庫はあまり当てになりません。
要冷蔵の物だと10℃以下、冷凍食品だと-18℃以下で保存した時の賞味期限が基本だと思うのですが、開け閉めの回数が多かったり、食品を詰め込み過ぎていて保存温度が高い場合がありますので要注意です。
1年後まで賞味期限がある冷凍食品でも、家庭用の冷凍庫だと1~2ヶ月以内に使い切りたい所です。

結局は自分の目と鼻と口を信じるしかないって事になっちゃうのか。

January 15, 2007

鳥インフルエンザ報道に疑問を感じる

宮崎県で鳥インフルエンザの発生が確認され、テレビなどの報道が増えました。

自分は普段全くテレビや新聞は見ず、ネットで情報を集めているのですが、鳥インフルエンザのニュースが気になってチラチラと見ていました。

が、鳥インフルエンザは危ない!!と煽りすぎな気がします。

農林水産省ではプレスリリースにワザワザ注意書きを載せていますが、きちんと配慮しているとは思えませんでした。

【報道機関へのお願い】
現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むようお願します。
今後とも、本病に関する情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することがないよう、ご協力をお願いします。
鶏卵、鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていません。

例えば、読売新聞の宮崎の鳥インフル、県が養鶏場で防疫措置を開始という記事、どんな考えでこの写真を撮ったのか判りませんが、防護服を着て作業を行っている宮崎県の職員さんを載せています。
コレって現場での取材ですよね。コレが報道の自由ってやつでしょうか?
普段見慣れない防護服の写真はそれだけで刺激的で目をひきます。いくら鶏卵、鶏肉を食べて感染しないと説明をしても、この写真の前には無力です。

学校給食で宮崎県産を使用しないとか、「清武町産ではない」「清武町から40~50キロ離れています」と表示していたスーパーがあったとか、風評被害全開ですね。

狂牛病や食中毒などのようにヒトが食べて危害がおよぶ可能性があるのなら仕方ないのですが、根拠もなく、不安だから使わない、食べたくないという考えが広まっているように感じます。

本当にもう少し何とかならないんでしょうか?

January 12, 2007

宮崎県で鳥インフルエンザか?

宮崎県で鳥インフルエンザが発生かと注目されています。

国内における高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例の発生について(農林水産省)

1月10日及び11日に約750羽の死亡を確認という情報だけですが、高病原性鳥インフルエンザの可能性が考えられます。

肉用種鶏の鶏舎さんのようです。

農水省は、当該の養鶏場で現在飼っている鶏の出荷はこれまでないため、感染が広まっている可能性は低いと考えているようですが、鶏舎が多い地域ですし大丈夫か心配ですね。

不二家のこと

不二家さんの問題です。

10日
消費期限切れの牛乳を原料としたシュークリーム約2000個を製造し、関東、福島、新潟、静岡の1都9県に出荷した事実を把握しながら回収や公表の措置を取らず隠ぺいしていた。

11日
1〉期限切れ牛乳を7回使用
2〉アップルパイなどに使っているりんご加工品の賞味期限切れを4回使用
3〉プリンの消費期限を1回、社内基準より1日長く表示
4〉細菌検査で出荷基準に満たない「シューロール」を出荷

うーん、不二家さんが恐れた通り、雪印の二の舞です。(食中毒になった方が居なかったのが幸いですが・・・)
洋菓子は、ちょっと落ち目な感じですし、ライバルも非常に多いので再起するのは非常に難しそうに感じますが・・・
クリスマスにデコレーションケーキを食べる風習?を作り出したメーカーとも言われる不二家さんだけに、信じていた方のショックはもの凄く大きいと思いますし、一度離れてしまったお客を取り戻すのは並大抵の努力では無理でしょう。
最初の期限切れ牛乳だけで済めば、ダメージは少なかったのかも知れませんが、後からボロボロと出てくるのが印象悪い!!クリスマスに不二家でケーキを買って食べた方は騙された!!と感じるでしょうね。
あと、食品衛生法が定める基準の10倍で出荷はダメですねぇ。連絡が不徹底とか、対応マニュアルがって言う問題じゃなく、品質管理の人間が責任を持って対応しなきゃいけないですね。
1ヶ月で鼠が50匹ってのも絶句ものです。工場の中で繁殖していたのでしょうか?
今後、雪印の時がそうだったように、保健所の立ち入り検査で更に・・・・という可能性も捨て切れません。

不二家の期限切れ牛乳使用問題(Yahoo)

« November 2006 | Main | March 2007 »