July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 成型肉と明示しなかったとして排除命令 | Main | 農林水産省と厚生労働省 米国とカナダ産牛肉の輸入禁止を解除 »

December 09, 2005

牛肉の輸入再開容認

牛肉の輸入再開容認を答申 食品安全委

牛海綿状脳症(BSE)発生で03年に輸入が禁止された米国・カナダ産牛肉について、内閣府食品安全委員会は8日、危険部位を除去した若い牛に限り、国産牛と同等の安全性を認める答申を農林水産、厚生労働両省に提出した。輸入解禁を事実上容認するもので、両省が米、カナダ両政府との間で輸入手続きなどを詰め、日本政府は12日に解禁を正式決定する。(朝日新聞)

危険部位を除去した若い牛以外が紛れ込む予感・・・

まあ70%以上の人が購入に消極的とのアンケート結果が出ているので、消費者に受入れられるかは疑問ですが、産地表示が必要じゃない加工食品などでは多く使われるかも知れませんね。

« 成型肉と明示しなかったとして排除命令 | Main | 農林水産省と厚生労働省 米国とカナダ産牛肉の輸入禁止を解除 »

BSE関連」カテゴリの記事

Comments

確かにかなりヤバイと思います。
検査官が肉質を見て何ヶ月の牛かと判断しますが、21ヶ月以上の牛が混入する可能性がありますし、危険部位の除去もどの程度徹底されるのか疑問が残ります。
結局リスクが低いと言っても、その前提になる危険部位を除去した若い牛だけを輸入するのは難しいと思うのですが・・・

お邪魔します。 
これ マジ、やばい気がする

>危険部位を除去した若い牛に限り 
>20ヶ月・・見てわかるわけない

実際にいろんな年齢の肉並べてテストし
完全に見分けることのできるものだけに
資格を与えるとかしないと

いい加減な判定なんだろうな~~

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 牛肉の輸入再開容認:

« 成型肉と明示しなかったとして排除命令 | Main | 農林水産省と厚生労働省 米国とカナダ産牛肉の輸入禁止を解除 »