July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 出雲産じゃなかった?アサリ業者に是正を指示 | Main | 鳥インフルエンザはバイオテロ? »

November 15, 2005

イセファーム美野里農場で、H5型の鳥インフルエンザウイルスを検出

監視状態の養鶏場で鳥インフルエンザウイルス検出

茨城県は14日、同県美野里町の養鶏場「イセファーム美野里農場」で、H5型の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

 県は、美野里農場の全9鶏舎約77万羽のうち、ウイルスが検出された1鶏舎の約8万羽を処分する。県内でのウイルス陽性は、今月8日の小川町の養鶏場以来9例目。

 美野里農場では今年8月、ウイルス感染歴を示す抗体陽性反応が出たが、農林水産省はこの養鶏場は密閉型鶏舎だとして鶏を処分せず、卵を出荷しながら2週間に1回ウイルス検査を行う監視状態とした。10日の検査でウイルスが検出された。県内の同種の監視養鶏場8か所(約334万羽)で、ウイルスが見つかったのは初めて。

 県畜産課は「鶏の移動は制限されており、ウイルスが新たに外部から侵入したとは考えにくい。鶏舎内に存在し、これまでたまたま検出されなかったのではないか」とみている。
(読売新聞)

たまたま検出されなかった・・・って、そんな対応でOKなのか?鳥インフルエンザ対策
ウインドレスの鶏舎で抗体陽性の場合は、鶏の処分はしないと突然決まって今回それが適用された農場だったのですが、この取って付けたような対策の効果に疑問が残る結果となりました。

 

« 出雲産じゃなかった?アサリ業者に是正を指示 | Main | 鳥インフルエンザはバイオテロ? »

鳥インフルエンザ関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 出雲産じゃなかった?アサリ業者に是正を指示 | Main | 鳥インフルエンザはバイオテロ? »