July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 埼玉で鳥インフルエンザ抗体陽性 | Main | 鳥インフルエンザ全国検査は茨城関連以外の感染なし »

August 22, 2005

密閉型鶏舎は弱毒型ウイルスについては、抗体検査が陽性でも鶏を処分しないことに

密閉型鶏舎は鶏処分せず 農水省、防疫指針見直しへ

 鳥インフルエンザ問題で農水省は22日、過去のウイルス感染を示す抗体陽性反応が出た段階で養鶏場のすべての鶏を処分していた従来の方針を転換し、弱毒型ウイルスについては、抗体検査が陽性でもウイルスが検出されない場合「密閉型鶏舎」に限定して鶏を処分せず、鶏卵の出荷も認めることを決めた。  強毒型ウイルスを想定した現行の防疫指針を見直し、こうした弱毒型への対応を盛り込む。  抗体陽性が出た埼玉県鴻巣市の養鶏場「イセファーム堤向農場」に鶏を搬入した茨城県の系列養鶏場3カ所は同日までに、いずれも抗体検査が陽性となり、1カ所はH5亜型ウイルスを検出。飼育中の鶏は計約207万羽に上るが、茨城県は農水省の方針を踏まえ、開放(非密閉)型の鶏舎1棟とウイルスが検出された密閉型鶏舎1棟の計約26万羽だけを処分する。(共同通信)

抗体陽性反応が出ただけで、全羽処分は厳しすぎるんじゃないかとも言われていましたが、弱毒型ウイルスについては、密閉型鶏舎に限定して処分しなくてもよいことになりました。
密閉型鶏舎はウインドレス鶏舎とも言われる野外と遮断し野鳥などが侵入出来ないようにし、外気と触れず通風や温度、光量を調節できるタイプの鶏舎の事です。

« 埼玉で鳥インフルエンザ抗体陽性 | Main | 鳥インフルエンザ全国検査は茨城関連以外の感染なし »

鳥インフルエンザ関連」カテゴリの記事

Comments

弱毒型ウイルスについては、抗体検査が陽性でもウイルスが検出されない場合「密閉型鶏舎」に限定して鶏を処分せず、鶏卵の出荷も認めるという方針に変更になった件ですが、オープン型鶏舎で運営されている方から鶏舎による差を付けないで欲しいと大変な苦情があったらしいです。
イセ食品は最大手だから優遇されたんじゃないかとの不満の声も聞きます。
農水省としては鶏舎をウインドレス化にする方向を目指していますので、優遇されてずるいと思うのならおたくも密閉型の鶏舎にすればどうですか?といったスタンスのようですね。
今回の抗体反応が陽性だった件については、野外からウイルスが侵入して感染したとは考えていないようで、違法ワクチンの使用を疑っているようですが、まだハッキリしていませんね。
このまま闇の中で真相解明は難しいかもしれません。
噂ですが、今回突然殺処分が中止になったのは、少し収まりはじめた鳥インフルエンザの騒ぎがテレビなどで殺処分の映像を放送されることで再び大きくなるのを嫌がった、200万羽近く処分することで鶏卵、鶏肉などの相場が再び高騰するのを嫌がった、処分した時養鶏場に払う補助金の予算が無いなど色々言われていましたが、本当のところはどうだかわかりません。

はじめてコメントします
唐突ですが、密閉型鶏舎で野外と遮断されているにも拘らず感染したのは浸入経路があったためと窺われますが、特例に殺処分を除外することは不可思議と感じます。
同じように処分するのが適切であると思うのは素人考えなのでしょうか?
いくら弱毒タイプとはいえ強い毒性に変異しやすいウイルスなのだから、放射能とまではいかないですが周辺環境の漏洩を観測したらいかがかなと思います。鶏舎の中のウイルス分離の方法が抽出である以上良く調べる必要があると思います。
近辺の住民の心配はいかほどかナとも思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 埼玉で鳥インフルエンザ抗体陽性 | Main | 鳥インフルエンザ全国検査は茨城関連以外の感染なし »