July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

August 22, 2005

密閉型鶏舎は弱毒型ウイルスについては、抗体検査が陽性でも鶏を処分しないことに

密閉型鶏舎は鶏処分せず 農水省、防疫指針見直しへ

 鳥インフルエンザ問題で農水省は22日、過去のウイルス感染を示す抗体陽性反応が出た段階で養鶏場のすべての鶏を処分していた従来の方針を転換し、弱毒型ウイルスについては、抗体検査が陽性でもウイルスが検出されない場合「密閉型鶏舎」に限定して鶏を処分せず、鶏卵の出荷も認めることを決めた。  強毒型ウイルスを想定した現行の防疫指針を見直し、こうした弱毒型への対応を盛り込む。  抗体陽性が出た埼玉県鴻巣市の養鶏場「イセファーム堤向農場」に鶏を搬入した茨城県の系列養鶏場3カ所は同日までに、いずれも抗体検査が陽性となり、1カ所はH5亜型ウイルスを検出。飼育中の鶏は計約207万羽に上るが、茨城県は農水省の方針を踏まえ、開放(非密閉)型の鶏舎1棟とウイルスが検出された密閉型鶏舎1棟の計約26万羽だけを処分する。(共同通信)

抗体陽性反応が出ただけで、全羽処分は厳しすぎるんじゃないかとも言われていましたが、弱毒型ウイルスについては、密閉型鶏舎に限定して処分しなくてもよいことになりました。
密閉型鶏舎はウインドレス鶏舎とも言われる野外と遮断し野鳥などが侵入出来ないようにし、外気と触れず通風や温度、光量を調節できるタイプの鶏舎の事です。

August 19, 2005

埼玉で鳥インフルエンザ抗体陽性

埼玉の養鶏場で鳥インフルエンザ抗体陽性を確認

農水省と埼玉県は18日、同県鴻巣市の養鶏場「イセファーム堤向(つつみむかい)農場」の鶏から、高病原性鳥インフルエンザの感染歴を示す抗体陽性反応を確認したと発表した。  同省では7月から全国の養鶏場の約3割を対象に、感染の有無について一斉調査を行っているが、陽性確認は初めて。ウイルスは検出されていない。  埼玉県は同日、緊急対策本部を設置。この養鶏場の周囲5キロを移動制限区域として、鶏卵や鶏肉の移動を禁止し、飼育中の鶏約9万8300羽の焼却処分を決めた。  動物衛生研究所(茨城県つくば市)によると、茨城県で6月に確認されたのと同タイプで、毒性が弱い「H5N2型」のウイルスに感染していた可能性が高いという。  高病原性鳥インフルエンザの国内の感染例は昨年以来、山口、大分、京都、茨城の各府県で計13件確認されている。  堤向農場は、大手養鶏業「イセファーム」(本社・茨城県美野里町)の養鶏場。陽性だった鶏は、6月下旬~7月上旬に、茨城県内のイセファームの養鶏場から持ち込まれれたという。  堤向農場の鶏卵は、乾めんやゆで卵、マヨネーズなどの加工食品用で、16日の採卵分から出荷が停止された。埼玉県は「加熱処理されている鶏卵なので、人体への影響は考えられない」(食品安全局)としている。  鳥インフルエンザに詳しい喜田宏・北海道大教授(獣医学)は「全国調査の途中で1件出たからといって、全国にまん延しているわけではない。ただ、この農場については、万全を期すため、ウイルスの有無を調べる検査を急ぐ必要がある」と話している。(読売新聞)

イセ食品(株)は、セブン-イレブンのたまごを扱っているのでも有名な大手さんです。
セブン-イレブンのたまご(セブン-イレブン・ジャパン)
当然、鳥インフルエンザに対する取り組みもしっかりとしていたと思うのですが・・・

関連ページ
イセ食品(株)工場・農場紹介(イセ食品(株))
『鳥インフルエンザ』に対する安全性確保に向けた弊社の取組みについて(イセ食品(株))

August 08, 2005

マラカイトグリーンの検査方法

土用の丑の日が終わるのを待っていたかのようなタイミングで発表された中国産養殖うなぎのマラカイトグリーン問題ですが、あまり検査方法などの説明を見かけないので簡単にまとめてみました。

マラカイトグリーンが養殖魚中に残留していると違反となりますので、残留しているかしていないかを検査で調べることになります。

試験方法は、高速液体クロマトグラフ法で、平成16年12月16日付厚生労働省食安監発第1216002号「養殖魚に対するマラカイトグリーンの分析法について」にそって行います。(色々な前処理の手順などが定められています。)

この試験の検出限界は0.005ppmとなっていますので、これ以下の値は「検出せず」という試験結果になり、マラカイトグリーンは含有していなかったということになります。

August 05, 2005

中国産養殖鰻でマラカイトグリーンの検査を実施

中国産養殖鰻のマラカイトグリーン検出について(厚生労働省)

輸入時のモニタリング検査において、中国産養殖鰻加工品から、我が国では食品中に含有してはならないと定められている合成抗菌剤マラカイトグリーン※が検出されたことから、本日以降輸入される中国産養殖鰻及びその加工品の全輸入届出について、マラカイトグリーンの検査を実施することとしましたのでお知らせします。  また、これまでに輸入された中国産養殖鰻についても、諸外国において検出事例が報告されていることなどから、念のため、在庫品の監視を行うよう各都道府県等に依頼したところです。  なお、当該品の輸入時の検査については、登録検査機関の受託体制が整い次第、検査命令とする予定です。

 ※  緑色の合成色素で、繊維等の染色、観賞魚の水カビ病の治療などに使用されているが、養殖水産動物への使用は禁止されている

<参考1>
 中国産鰻の違反事例  1  品名:冷凍食品蒲焼き鰻(養殖)
 輸入者:株式会社神戸
 製造者:RUIJIN HONGDU AQUATIC FOOD CO.,LTD.
 届出数量及び重量:1,950C/T、19,500Kg
 検査結果:マラカイトグリーン 0.044ppm検出(基準:含有してはならない)
 届出先:大阪検疫所
 違反確定日:平成17年8月4日
 措置状況:調査中


 2  品名:冷凍食品蒲焼き鰻(養殖)
 輸入者:スリースターインターナショナル株式会社
 製造者:PUTIAN XINGHE FOOD INDUSTRY CO.,LTD.
 届出数量及び重量:131C/T、1,572Kg
 検査結果:マラカイトグリーン 0.006ppm検出(基準:含有してはならない)
 届出先:神戸検疫所
 違反確定日:平成17年8月4日
 措置状況:全量保管中

中国産養殖鰻のマラカイトグリーン検出についてのQ&A(厚生労働省)

8月4日以降、中国産養殖鰻及びその加工品の全輸入届出について、輸入時にマラカイトグリーンの検査を実施し、検査に合格しなければ輸入・流通が認められないことになりました。
登録検査機関の受託体制が整い次第、検査命令とする予定と書いてありますが、鰻加工業の方に聞いた所マラカイトグリーンの検査を行える検査機関が国内に少なく、韓国でマラカイトグリーン検出の話があった時点で検査を依頼した所、結果が出るまで1ヶ月半以上かかりますと言われるぐらい検査が混んでいたそうなので、今実施出来る検査機関以外で検査が出来るようになるまで時間がかかるって事らしいです。

関連記事
韓国で中国産ウナギから発ガン性物質

茨城の鳥インフルエンザ、中米から来た?

茨城の鳥インフルエンザ、人や物介し感染か 渡り鳥ない中米から

茨城県の鳥インフルエンザ問題で、農林水産省が編成した専門家による「高病原性鳥インフルエンザ感染経路究明チーム」(座長=寺門誠致(のぶゆき)・農林漁業金融公庫技術参与)の初の検討会が四日、開かれた。抗体陽性反応が出た九養鶏場のうち検出された四養鶏場のウイルスはほぼ同一で、日本への渡り鳥のルートにはない中米グアテマラの鶏で見つかったウイルスと97%一致することから、野鳥ではなく人や物などの移動による感染の可能性が高いとの見方を強めた。  チームは発生状況などの調査結果をもとに検討。感染源は同一とみられ、近隣の韓国や台湾ではなくグアテマラで確認されたウイルスに近いとの考えで一致した。  感染ルートが一つなのか複数なのかは不明だが、一部の養鶏場は隣接の養鶏場と隔たりがなく道路にも面していることから、「人や車両などの移動による感染の可能性がある」(寺門座長)という。  今回のウイルスは弱毒タイプだが、六月二十六日から先月二十九日までの約一カ月間にわたって断続的に確認された。チームでは「弱毒だが鶏へ感染しやすいタイプのウイルス」とみて、感染実験で確認する方針だ。 (産経新聞)

ちょっと驚きの調査結果です。
中米から一体どんなルートでやってきたんでしょうか。
飼料とか輸入した時に一緒に来たんだろうか?

« July 2005 | Main | September 2005 »