July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« マーガリン等の賞味期限を改ざん | Main | 茨城の鳥インフルエンザ、中米から来た? »

July 30, 2005

ひな納入元でも鳥インフルエンザの抗体陽性反応

ひな納入元で感染歴確認 茨城・鳥インフルエンザ

 茨城県水海道市の1養鶏場の鶏から26日に新たに高病原性鳥インフルエンザの感染歴が確認された問題で、県は29日、この養鶏場にひなを納入していた同県茨城町の養鶏場の鶏でも感染歴が確認されたと発表した。農林水産省は、ひなが感染していたと推測されるとし、2養鶏場が50キロほど離れているため、感染ルートの解明には調査が必要だとしている。  茨城町の養鶏場は約11万5700羽を飼育しており、今回、190検体のうち102検体から感染歴を示す抗体が出た。この養鶏場は16日に水海道市の養鶏場にひなを納入していた。ひなは3県3養鶏場に出荷されているという。  県は感染ルートについて「2養鶏場間で人や物の出入りも考えられるため、別ルートか同一ルートかは詳細に調査しないと分からない」としている。

どうも茨城県で最初に発見された鳥インフルエンザとは感染ルートが異なる可能性もあるようで・・・
一体どこまで広がるんでしょうこの騒ぎ・・・
毒性の強いタイプだったら、もっと早く判ったのでしょうが、今後どのように対策していくか対応が大変そうです。

« マーガリン等の賞味期限を改ざん | Main | 茨城の鳥インフルエンザ、中米から来た? »

鳥インフルエンザ関連」カテゴリの記事

Comments

細波玲歌さん、こんにちわ
言い過ぎと感じられたそうですが、自分はそうは思っておりません。
日本ではまだありませんが、海外ではH5N1型の高病原性鳥インフルエンザに感染して死亡した例もありますし。
昨年の京都の鳥インフルエンザでは消毒作業などに当たった対策関係者から鳥インフルエンザの抗体が検出されたりと人に害が無いとは言い切れません。
鳥インフルエンザに感染した鳥の肉や卵を食べるのが危険なのではありませんが、突然変異で人へ感染する力が強い鳥インフルエンザ=新型インフルエンザの発生を少しでも食い止めるために鳥インフルエンザに対ししっかりした対策を行なって欲しいと思っています。
よろしければ、鳥インフルエンザ関係の過去の記事をご覧になってください。

 鳥インフルエンザって,人間には害は無いのでは無いでしょうか?まだそんな害があったと報告はありません。少し言いすぎだと思いますよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひな納入元でも鳥インフルエンザの抗体陽性反応:

« マーガリン等の賞味期限を改ざん | Main | 茨城の鳥インフルエンザ、中米から来た? »