July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« フグ肝特区は幻に・・・ | Main | 廃棄命令受けた1600トンを業務用に加工 »

June 29, 2005

未感染の養鶏場の卵が出荷再開

「鳥ウイルス」未感染の養鶏場、30日に出荷再開

 茨城県水海道市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルスが発生した問題で、農林水産省の家きん疾病小委員会(委員長=喜田宏・北海道大大学院教授)は29日、養鶏場の半径5キロ圏内で家畜伝染病予防法に基づき鶏と卵の移動を制限している17養鶏場のうち、血液から感染歴を示す抗体が検出されなかった11養鶏場について「卵の出荷を再開して差し支えない」と判断した。1養鶏場は検査中。  県は、これを受け、30日午前の県高病原性鳥インフルエンザ対策本部(本部長・橋本昌知事)で、抗体が検出されず卵の出荷施設の衛生状況が確認された農場から順次、卵の出荷再開を認める方針。  抗体が検出された5養鶏場には、同小委員会の報告を受け、農水省は「ウイルスが残っている可能性が否定できない」として、計約9万4000羽を処分する方針を決めた。  農水省は昨年11月、鳥インフルエンザに関する防疫指針の中で、安全性が確認された農場の卵に限り、都道府県知事の権限で出荷を認める特例を設けた。今回が適用第1号となる。一方、県は29日、養鶏場の鶏約2万5000羽と、卵約7万2000個の処分がすべて終了したと発表した。(読売新聞)
周辺の養鶏場でも鳥インフルエンザの抗体が検出されたそうで、これ以上被害が広がらなければいいなと思います。

« フグ肝特区は幻に・・・ | Main | 廃棄命令受けた1600トンを業務用に加工 »

鳥インフルエンザ関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未感染の養鶏場の卵が出荷再開:

« フグ肝特区は幻に・・・ | Main | 廃棄命令受けた1600トンを業務用に加工 »