July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 道産食品の監視員募集 | Main | 未承認遺伝子組換えコーンを検査せず »

May 31, 2005

東北8業者がアサリの産地を不正表示

アサリ産地 東北8業者が不正表示 農水省が指導

 北朝鮮や中国から輸入されたアサリが国内産として出回った問題で、農水省は27日、東北地方の小売り5業者と仲買など中間流通の2業者が、産地を適正表示していなかったとして、文書で改善を指導した。中間流通の1業者には口頭で指導した。同省はさらに中間流通の8業者について改善を指導する方向で検討している。  農水省は東北の174店で販売された211品を対象に、店頭で産地表示を調査。仲買業者など中間流通65業者が扱った計149品について、流通の実態を追跡調査した。  この結果、小売り5業者が外国産を国内産アサリと偽って販売していたことが判明。中間流通業者では、3業者の3品は産地表示が伝票と異なり、8業者の15品は産地表示そのものがなかったことが分かった。  店頭で調べた211品のうち、外国産の表示は中国産44品、韓国産3品で北朝鮮は一つもなかった。中間流通業者が扱った149品のうち、外国産は中国産の21品だけだった。  農水省は1月中旬、アサリの産地表示調査に着手。これまでに福岡県の輸入業者と佐賀、熊本県の小売業者の計5業者が、北朝鮮産や中国産アサリを「熊本産」と偽り、販売したことが判明。JAS(日本農林規格)法に基づく改善を指示し、業者名を公表した。(河北新報)

なんと言うか見事なまでに北朝鮮産のアサリは姿を消しましたね。

そして気になるのが、アサリの原産地表示の根拠確認状況(4月末まで)について(農林水産省)の内容です。
措置検討中のものが小売店で6件、中間流通業者で65件もあります。
今後の調査の結果次第では悪質な業者とかも出てきそうです。

« 道産食品の監視員募集 | Main | 未承認遺伝子組換えコーンを検査せず »

アサリの産地偽装」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東北8業者がアサリの産地を不正表示:

» 原産地表示の義務化 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「原産地表示の義務化」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ... [Read More]

« 道産食品の監視員募集 | Main | 未承認遺伝子組換えコーンを検査せず »