July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 牛肉輸入再開問題で色々な動きが・・・ | Main | 常呂町でも未検査種イモを栽培 »

April 26, 2005

米国で未承認遺伝子組み換えとうもろこし栽培の疑い

トウモロコシ輸入に影響も=未承認のGM品種混入懸念で

【シカゴ25日時事】未承認の遺伝子組み換え(GM)トウモロコシが米国で栽培されていた問題で、日本が米国産トウモロコシの輸入検査を実施する方針を決めたことを受け、商社が買い付けを手控えていることが25日、明らかになった。未承認品種の混入が発見されれば、米国産が9割を占める日本のトウモロコシ輸入に影響が出る可能性もある。  (時事通信)

今度はアメリカで未承認の遺伝子組み換え品種が栽培されていたそうです。

« 牛肉輸入再開問題で色々な動きが・・・ | Main | 常呂町でも未検査種イモを栽培 »

遺伝子組換え関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米国で未承認遺伝子組み換えとうもろこし栽培の疑い:

« 牛肉輸入再開問題で色々な動きが・・・ | Main | 常呂町でも未検査種イモを栽培 »