July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 北朝鮮産アサリを不正表示 | Main | 宮城県産カキ偽装疑惑 »

April 06, 2005

セシールの贋作餃子

<セシール偽餃子>取材と偽り撮影


 通販大手セシール(高松市)が飲食店に無断でカタログ販売していた偽餃子(ギョーザ)事件で、セシール側は当初、取材と偽って店を訪れ、餃子や店内を写真撮影、カタログに掲載していたことが福岡県警の調べで分かった。セシールは「商品の製造を依頼していた業者が販売許可を得ていると勘違いしていた」と釈明しているが、販売契約などもしておらず、組織ぐるみの疑いもあるとみている。
 県警などの調べでは、セシールは石川県の食品会社にカタログ商品の製造を依頼。食品会社は03年末以降、居酒屋「二○家(にわけ)」(東京都新宿区)に対し再三にわたって商品や店内の写真撮影を依頼。その際、「通販カタログに添える小雑誌に紹介記事を掲載したい。目的は通販とは別。あくまでも取材」と強調していた。
 二○家関係者によると、昨年1月、食品会社側は店を訪れ、写真撮影をしたが、その後、一切連絡はなく、掲載誌が送られてくることもなかったという。同10月、知人からカタログに出ていると連絡があり発覚。セシールに抗議したところ、虚偽表示については認めたものの「食品会社から事情を聴く」と繰り返すだけで納得のいく説明はなかったという。
 二○家の店長は「販売の打診は全くなかった。カタログ販売目的に取材と偽って接近してきたとしか思えない」と立腹。セシール広報室は「委託会社がカタログ掲載と販売の許可を得ていると思い込んでいた」と説明している。
(毎日新聞)

<セシール>他のギョーザも、偽装販売の疑い

 通販大手セシール(高松市)が飲食店に無断でカタログ販売していた偽ギョーザ事件で、同時に扱った他の複数の業者のギョーザについても、同社は同様の手口で偽装表示を行い、販売していた疑いがあることが31日、分かった。一部業者は「勝手に名前を使われ、信用失墜を招いた」として、近くセシール側を相手に損害賠償を求めて訴訟を起こす構えだ。  関係者によると、セシールは昨年発行の通販カタログで「遠くからでも通う価値のある全国の行列店」として、福岡、東京、大阪など6都府県12業者のギョーザをPRし、販売を受け付けたが、少なくとも3業者の商品は、無断で掲載、販売されていた。福岡県警は、そのうち居酒屋「二○家」(東京都新宿区)の偽ギョーザについて、不正競争防止法違反容疑で同社を摘発している。  偽ギョーザを販売された東京都内の中華料理店経営者によると、03年末~昨年初め、セシール側から再三にわたりカタログ販売を持ちかけられたが、断っていた。ところが、セシール側は昨春、同店のギョーザと偽ってカタログで販売。経営者は県警の家宅捜索をきっかけに調べたところ、自らも被害に遭っていたことに気付いたという。  都内のギョーザ専門店も同じ手口で無断で販売されており、近く損害賠償を求め提訴する方針。  セシール広報室は「カタログ商品の製造を委託していた食品会社を信用していた。事情を聴きたいが連絡が取れずにいる」と話している。 (毎日新聞)

<偽ギョーザ>製造会社がセシールから契約料詐取の疑い

 通販大手セシール(高松市)の偽ギョーザ事件で、飲食店に無断でカタログ商品を製造した石川県の食品会社がセシールに対し店側の了解を得ていると偽り、契約料をだましとっていた疑いがあることが1日、福岡県警の調べで分かった。セシールの元社員が関与していたとの証言もあり、共謀の可能性もあるとみて追及する。  セシールは飲食店をカタログに掲載する際の交渉などの業務一切を石川県の食品会社に委託していた。県警などの調べで、この食品会社は、中華料理店など少なくとも二つの飲食店に無断で偽装表示を行い販売。本来、飲食店に支払うべき契約料(委託料や技術料など)をセシールに請求、受け取っていた。  セシールなどによると、契約した飲食店には製造や発送にかかる経費や技術提供料、監修料などを支払っている。  この食品会社は2飲食店に対し、カタログ掲載などを依頼。しかし、いずれの飲食店も販売目的の掲載を断っていた。昨年1月ごろには、セシールの社員(当時)が「どうにか掲載させてほしい」と頼み込むなど積極的に交渉にあたっており、県警は同社員が事件に関与していた可能性もあるとみて調べている。  偽ギョーザ事件をめぐっては、福岡県警が30日、不正競争防止法違反容疑でセシール本社など高松市と東京都内の関連18カ所を家宅捜索した。 【取違剛】 (毎日新聞)

セシールの有名店の餃子を無断で販売した事件ですが、セシール元社員が契約料などを騙し取っていた可能性が出てきました。
セシールも被害者と言えなくもないのですが、どのような契約を結んでいたのかしっかりと確認が出来ていなかったのも事実ですから、今後こういった事がないようにして欲しいものです。
去年のカレーの時にも言ったような気がしますけど・・・



行列が出来てる!肉汁ジュッ♪「生餃子」は..176万個、完売!


« 北朝鮮産アサリを不正表示 | Main | 宮城県産カキ偽装疑惑 »

表示違反関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference セシールの贋作餃子:

« 北朝鮮産アサリを不正表示 | Main | 宮城県産カキ偽装疑惑 »