July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 輸入キャッサバに検査命令 | Main | 食品安全委員会がBSE全頭検査緩和を容認へ »

March 11, 2005

80~96年英仏に滞在1日で献血禁止

変異型ヤコブ病 80-96年英仏 滞在1日で献血禁止 数十万人が対象

 「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病」(vCJD)の患者が国内で初めて確認された問題で、厚生労働省は七日、一九八〇年から九六年にかけ、イギリスとフランスに一日以上滞在していた人の献血を禁止することを決めた。日赤によると、対象者は数十万人にのぼる。臓器提供も同様に禁止される。  国内初の患者が一九九〇年、英国とフランスに短期間滞在していたときに感染した可能性が有力との判断を受けての措置。患者は五十歳代の男性で昨年十二月に死亡。今年二月にvCJDと確認された。  厚労省は一九八〇年以降現在まで、イギリスやフランス、ドイツ、イタリアなど十カ国に半年以上滞在していた人に対し、献血禁止措置を取っていた。しかし、二月に初の患者が確認されたことで、イギリスだけは献血禁止措置の対象者を滞在歴一カ月以上に拡大した。フランスなどほかのBSE(牛海綿状脳症)発生国は、半年以上のまま、据え置かれていた。  ヤコブ病のサーベイランス委員会が患者の家族や主治医に対する聞き取り調査を実施。パスポートに残されていた渡航歴から、一九九〇年前半に英国に二十四日間、フランスに三日間滞在していたことが確認された。手術歴や輸血歴はなかった。英国滞在中は現地の庶民料理を好み、vCJDの原因となりうる材料が含まれていた可能性があるハンバーガーやグレービーソースを食べていたことが分かった。      ◇  変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 BSE(牛海綿状脳症)の牛の肉を食べて感染すると考えられている人間の病気。BSEが発生した英国で1996年に初めて確認された。脳に異常プリオン(タンパク質)が蓄積するのが原因とみられる。脳にスポンジ状の穴があく致死的な症状がある。  ヤコブ病には変異型(vCJD)のほかに原因不明の「孤発性」、遺伝子異常で起きる「家族性」、脳の硬膜移植などによる「医原性」がある。 (産経新聞)

1980年から96年にかけ、イギリスとフランスに一日以上滞在していた人の献血、臓器提供を禁止することが決まりました。
たった一日の滞在でも食べた物によっては感染した可能性があるって事ですよね。
ここまでやるのかと驚きました。

関連記事
英国滞在1カ月以上は献血中止
国内で変異型ヤコブ病感染者

« 輸入キャッサバに検査命令 | Main | 食品安全委員会がBSE全頭検査緩和を容認へ »

BSE関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 80~96年英仏に滞在1日で献血禁止:

» 心をささげる愛のカード [カードで幸せを集めるのだ♪ 夢に向けて!]
コンビニなどに臓器提供意思表示カードが置いてあることがありますね。 こういうやつです。 ここからも印刷して使うことができます。 http://www.... [Read More]

« 輸入キャッサバに検査命令 | Main | 食品安全委員会がBSE全頭検査緩和を容認へ »