July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« キャッサバイモの菓子で食中毒 | Main | 80~96年英仏に滞在1日で献血禁止 »

March 11, 2005

輸入キャッサバに検査命令

輸入食品に対する検査命令の実施について(キャッサバ)

以下の輸入食品については、現在詳細を確認しているところですが、念のため、本日から食品衛生法第26条第3項の検査命令を実施することとしましたので、お知らせします。

対象食品等 検査の項目 経緯
キャッサバ及びその加工品(でんぷんを除く。) シアン化合物*  フィリピンにおいてキャッサバに起因する健康被害が発生しているとの情報を入手したことから、検査命令を実施するものである。
 *  シアン化合物(青酸配糖体)は、シアン(青酸)を含む物質で、健康に影響を及ぼすおそれがある。


<参考>
  冷凍キャッサバの輸入実績
(平成16年1月1日~平成17年3月9日:速報値)




















国名輸入届出数(件)重量(kg)違反件数*(件)
ガーナ 5,220
タイ 1,580
フランス 733
フィリピン 408
合計 7,941

*シアン化合物に係る違反に限る
(厚生労働省)


輸入キャッサバに検査命令=フィリピンで多数の死者-厚労省

 フィリピン中部ボホール州でイモの一種、キャッサバを食べた子供が多数死亡した問題で、厚生労働省は10日、冷凍キャッサバを輸入する業者に対し、食品衛生法に基づく検査命令を出した。これまでは自主的な検査が義務付けられていた。  現地の報道によると、同州マビニの小学校で、キャッサバを使った菓子を露天商から買って食べた小学生少なくとも27人が死亡した。  キャッサバは有毒なシアン化合物を含んでおり、水にさらすなどの処理が必要。同省は「正確な情報は入手していないが、処理を誤ったのではないか」としている。  冷凍キャッサバは昨年1月から今月9日までに、4カ国から計8件、約8トン輸入。うちフィリピンからの1件でシアン化合物が見つかり、流通を止められている。 


早速キャッサバに検査命令が出されました。
でん粉は対象外となっています。
キャッサバイモをでん粉に加工する工程で毒が完全に除去される為だとは思うのですが、どういった方法で加工すれば完全に青酸配糖体が除去されると言えるのかというデータが見つからない・・・
判ったら紹介したいと思っています。

« キャッサバイモの菓子で食中毒 | Main | 80~96年英仏に滞在1日で献血禁止 »

食中毒関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 輸入キャッサバに検査命令:

» The Blog [The Blog]
I would love to be able to come back and write a post about how we are developing, or have picked up a show based on a [url=http://chiki-puki.com/M18xMzczNjg3]comment[/url] posted to the blog. [Read More]

« キャッサバイモの菓子で食中毒 | Main | 80~96年英仏に滞在1日で献血禁止 »