July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« フランスでヤギがBSEに感染 | Main | 賞味・消費期限設定の指針 »

February 01, 2005

北朝鮮産あさりの産地偽装

北朝鮮産の偽装多く、アサリの産地確認を徹底…農水省

 農水省は31日、アサリの産地表示確認の徹底に乗り出したことを明らかにした。アサリは北朝鮮の対日輸出品目のトップで、北朝鮮から輸入したアサリを国内の養殖場に一時保存し、日本産と偽って販売するケースが後を絶たないため、チェックを強化した。  農水省は各地の農政局に対し、毎月の生鮮食品の表示調査で、アサリは必ず伝票に基づいて流通ルートを確認するよう指導を徹底した。  北朝鮮からのアサリの輸入量は、国内のアサリ漁獲量の減少を補う形で、90年代に拡大し、2003年の輸入量は3万2000トン(45億円)と、国内漁獲量(約3万トン)を上回り、国内消費の約4割を占めている。  輸入されたアサリは、国内の養殖場で数週間から数か月間、鮮度回復のため保存される。この結果、店頭では養殖場の場所を原産地と偽って表示する場合もあるという。  北朝鮮に対する経済制裁も議論されているが、自民党などから「産地が偽装されれば制裁は尻抜けになる」などの声も出ている。 (読売新聞)

たしかにスーパーなどの店頭で北朝鮮産って表示を見た記憶が無いような・・・
養殖場にしばらく入れていたのを出荷した場合は、コレ本当は北朝鮮産ってハッキリ判りますけど、小さい貝を買ってきて放流しちゃうと混ざってしまって区別がつかない気もします。

浜名湖では、ツメタガイがアサリを食べると問題になっていますが、外来種のツメタガイは海外から輸入したアサリの稚貝に混ざって入ってきた可能性が指摘されています。

静岡県の浜名湖でのあさり漁の方法や課題などをまとめてあります。
浜名湖のアサリも好き(はまにゃこぶろぐ)

« フランスでヤギがBSEに感染 | Main | 賞味・消費期限設定の指針 »

産地偽装関連」カテゴリの記事

アサリの産地偽装」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮産あさりの産地偽装:

« フランスでヤギがBSEに感染 | Main | 賞味・消費期限設定の指針 »