July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« ランボル | Main | 北朝鮮産あさりの産地偽装 »

January 29, 2005

フランスでヤギがBSEに感染

初のBSE感染ヤギ、仏で発見

 【ブリュッセル28日時事】欧州連合(EU)の欧州委員会は28日、フランスでBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)に感染したヤギが見つかったと発表した。牛以外でBSEの感染が確認されたのは初めて。
 このヤギは2000年3月に生まれ、02年10月にフランスで食肉処理された。同国の研究グループの調査で見つかり、EUが確認作業を行っていた。 
(時事通信)

仏でヤギが初のBSE感染 欧州委が確認と発表

 【ブリュッセル28日共同】欧州連合(EU)の欧州委員会は28日、2002年に食肉処理したフランスのヤギが検査の結果、牛海綿状脳症(BSE)に感染していたことが分かったと発表した。欧州委は、ウシ以外の動物でBSE感染が確認された初めてのケースとしている。
 欧州委は、BSEに対して長い間予防措置を講じており、消費者に対する危険は少ないとしているが、報道官は「来週にも欧州理事会に感染拡大の予防策を提案し、6カ月の集中監視を行う」と表明。感染経路などの特定も急ぐ。
 ヤギやヒツジにBSEと似た症状が起こる病気にスクレイピーがあるが、報道官は「科学的な検査で今回のケースはBSEと確認された」と話している。
(共同通信)

最初このニュースを見た時、スクレイピーの事を言っているのかと思いましたが、共同通信をみると、BSEと科学的に確認されたという事なので、牛以外の動物でBSE感染が確認された初のケースとなるようです。

スクレイピー ってなに?
ヒツジやヤギの伝達性海綿状脳症で、その存在は18世紀と比較的古くから知られています。
オーストラリア、ニュージーランド以外の各国で発生しています。
産後の胎盤を食べたり、汚染した草を食べる事にで感染すると言われています。
スクレイピーかBSE(牛海綿状脳症)かを見分けることは困難とも言われていました。
また、スクレイピーにかかったヒツジの肉骨粉を牛に餌として与えたのがBSE発生の切っ掛けになったという説もあるようです。

« ランボル | Main | 北朝鮮産あさりの産地偽装 »

BSE関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランスでヤギがBSEに感染:

« ランボル | Main | 北朝鮮産あさりの産地偽装 »