July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« レトルト殺菌し忘れた?カレーを回収 | Main | 中国がキヌサヤの残留農薬で対策実施か »

November 17, 2004

残留抗生物質ってなんだろう

用語解説のカテゴリーは久々の投稿になります。
時々問題になる、畜産物や水産物などの残留抗生物質のお話です。

抗生物質は、動物用医薬品という分類にわけられています。

動物用医薬品ってなに?


牛、豚、鶏などの畜産動物や養殖魚の病気の治療や予防に、抗生物質、寄生虫駆除剤などの動物用医薬品が使われます。
動物用でも、薬事法に沿って作られており医薬品となります。
動物用医薬品にも獣医師の処方せんや指示書がなければ入手できない「要指示医薬品」もあります。

抗生物質を使用するメリットとしては、病気にかかり難くし死亡率を低下させ、生産効率を上げることになります。

食品一般の成分規格

食品衛生法に基づく「食品、添加物等の規格基準」で次のように定められています。
(要約)
1 食品は、抗生物質を含有してはならない。ただし、次のいずれかに該当するものにあっては、この限りではない。
(1) 「動物用医薬品の残留基準」に適合するもの
(2) (1)に該当するものを原材料として製造され、又は加工されるもの
2 食肉、食鳥卵及び魚介類は、化学的合成品たる抗菌性物質を含有してはならない。ただし、次のいずれかに該当するものにあっては、この限りではない。
(1) 食品衛生法第6条の規定により厚生労働大臣が定めた添加物を含有するもの
(2) 「動物用医薬品の残留基準」に適合するもの
(3) (2)に該当するものを原材料として製造され、又は加工されるもの

残留基準値の設定がある動物用医薬品

○抗生物質又は合成抗菌剤(16品目)
抗生物質 オキシテトラサイクリン/テトラサイクリン/クロルテトラサイクリン、ゲンタマイシン、ストレプトマイシン/ジヒドロストレプトマイシン*、スピラマイシン、スペクチノマイシン、セフチオフル、チルミコシン、ネオマイシン、ベンジルペニシリン
合成抗菌剤 カルバドックス、サラフロキサシン*、スルファジミジン、ダイフロキサシン*、ナイカルバジン
○寄生虫駆除薬(11品目)
内寄生虫用剤 アルベンダゾール、イソメタミジウム、イベルメクチン、エプリノメクチン、クロサンテール、ジクラズリル、シロマジン、チアベンダゾール、トリクラベンダゾール、フルベンダゾール、モキシデクチン、レバミゾール
○ホルモン剤(2品目)
ホルモン剤 ゼラノール、α-トレンボロン、β-トレンボロン
平成16年6月1日から施行

動物用医薬品・飼料添加物の残留基準値一覧表 (H.16.10.4 更新)(PDF)
牛、豚、羊、馬、鹿、山羊の部位(筋肉、脂肪、肝臓、腎臓)毎、乳、鶏、あひる、七面鳥の部位(筋肉、脂肪、肝臓、腎臓)毎、鶏の卵、魚介類について、残留基準値が定められています。


« レトルト殺菌し忘れた?カレーを回収 | Main | 中国がキヌサヤの残留農薬で対策実施か »

用語解説」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 残留抗生物質ってなんだろう:

« レトルト殺菌し忘れた?カレーを回収 | Main | 中国がキヌサヤの残留農薬で対策実施か »