July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 食品添加物ってなんだろう1(分類) | Main | 中国産エンドウ、キヌサヤから残留農薬 »

September 18, 2004

お米からヒ素が検出

コメからヒ素 県が消費者向け窓口--出荷不能時、買い上げ検討 /茨城

 収穫したコメまで、ヒ素に汚染されていた――。神栖町木崎で収穫された米から旧日本軍の毒ガスに由来するとみられる有機ヒ素化合物のジフェニルアルシン酸が検出されたことを受け、県は16日、職員を県内の米集荷業者3団体に派遣して事情を説明した。今年産米の出荷はストップしたが、昨年産米は県内で全量販売済み。県は消費者の問い合わせ窓口を設置して対応する。
 ジフェニルアルシン酸に汚染された米が収穫されたのは、昨年、高濃度の有機ヒ素が検出された2カ所の井戸の半径500メートル圏内にある4カ所の水田。それぞれの水田を管理する4軒の農家はいずれも、個人の米穀業者を通じて米を出荷していた。昨年産米5・6トンはすべて県南地域を中心に販売済みだったが、農家に残っていた米を調べたところ、今年産米と同様に微量のジフェニルアルシン酸が検出された。
 このため県は消費者からの相談電話(電話029・301・3967)を今月30日まで開設するとともに、4農家に今年産米の出荷自粛を要請した。またJA全農いばらきなど米の集荷業者3団体の本部に職員を派遣し、「汚染米は出荷を止めた。心配しないでほしい」などと理解を求めた。
 県では、汚染米の出荷ができなくなった場合には、県が買い上げて処分することを検討している。
 ◇風評被害が心配
 神栖町産業振興課の笹本昭課長は「安全で品質の良い県産米にまで、風評被害が及んでしまうことが心配だ。安心して食べてもらえるよう努力したい」と話した。【岩本直紀、高野聡】
9月17日朝刊 
(毎日新聞)

<ヒ素汚染>環境省が対応策発表 専門家の検査や治療費支給


 茨城県神栖町で収穫されたコメから、旧日本軍の毒ガスが原因とみられる有機ヒ素化合物のジフェニルアルシン酸が検出された問題で、環境省は16日、対応策を示した。当該の汚染されたコメを食べて健康被害が心配な人には、専門家による検査を行い、有機ヒ素化合物が検出された場合、治療費支給の対象者に認定する方針。
(毎日新聞)

何十年たっても無くならないんですね。
米は毎日食べるものですし、この農家の方々はこの土地で収穫した物を長年食べていたのか気になります。
何も健康被害が無いといいのですが、国は補償とかしっかりやって欲しいです。

9月23日追加
米食べた人も支給対象 医療費、ヒ素検出の場合に


 茨城県神栖町の米から旧日本軍の毒ガスが原因とみられる有機ヒ素化合物が検出された問題で、環境省は22日、専門家による検討会を開き、日常的にこの米を食べていた人についても、髪やツメからヒ素が検出されれば、医療費支給の対象とすることを正式に決めた。
 対象は新米から有機ヒ素化合物が検出された4農家と、これらの農家から米を譲り受けて日常的に食べていた親せきや知人など。茨城県を通じて実態把握を急ぎ、検査の受診を勧める。
 残っていた昨年産米から有機ヒ素化合物が見つかった1農家の5人については、毛髪などから有機ヒ素化合物が検出されなかったため、医療給付の対象外となる。
(共同通信)

« 食品添加物ってなんだろう1(分類) | Main | 中国産エンドウ、キヌサヤから残留農薬 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お米からヒ素が検出:

« 食品添加物ってなんだろう1(分類) | Main | 中国産エンドウ、キヌサヤから残留農薬 »