July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 牛肉に流通段階でも識別番号 | Main | 北海道物産展で業者の所在確認 »

September 10, 2004

日本のBSE対策はこれでいいのか・・・

20カ月以下の牛は対象外 BSEで正式見解

内閣府の食品安全委員会(寺田雅昭委員長)は9日、牛海綿状脳症(BSE)の国内対策について「生後20カ月以下の感染牛を現在の検査法で発見するのは困難」とする見解を盛り込んだ報告を正式に取りまとめた。
 これを受け、厚生労働省と農水省は2001年10月から実施してきた全頭検査を約3年ぶりに見直し、20カ月以下の牛を対象外にする作業を進め、日本のBSE対策は大きく転換することになる。米国産牛肉の輸入再開に向けた日米協議も本格化する。
 厚労省によると、国内の年間食肉処理牛約111万頭(03年度)のうち約12%が対象外になる。
 日米協議で、日本側は全頭検査緩和によって、若い牛に限定して米国産牛肉の輸入を再開する方向で決着を目指す。ただ米側は検査除外対象として「生後24カ月以下」を主張しており、早期に合意できるかどうかは不透明だ。
(共同通信)

ここ一週間、ずっと牛関連の投稿ばかりですが、またBSE関連のニュースです。
食品安全委員会から「生後20カ月以下の感染牛を現在の検査法で発見するのは困難」とする報告が正式に出ました。
気になったのは、現在の検査法で発見するのは困難という所がひっかかります。
プリオンの蓄積が少なく感染のリスクが少ないのはわかりますが、BSE自体よく分かっていない部分も多いですし。
生後20カ月以下の感染牛を検査で見つけられない→生後20カ月以下の牛は検査をしなくてよい→生後20カ月以下の牛は検査しないで出荷する
という流れはおかしいんじゃないかと・・・
安全を第一にして普通に考えれば
生後20カ月以下の感染牛を検査で見つけられない→生後20カ月以下の牛は検査をしなくてよい→生後20カ月以下の牛は検査出来る歳になるまで出荷停止とする
という流れにすればいいと思うのですが・・・

まあ、アメリカからの輸入再開の圧力(大統領選の影響も?)、検査のコストが高い事への不満などの解消を目的にした検査の見直しだから仕方ないか。

9月22日追加
全頭検査緩和の方針説明 参加者からは批判相次ぐ

厚生労働省と農水省は21日、都内で消費者らとの意見交換会(リスクコミュニケーション)を開き、脳など食べると危険な部位の除去徹底を柱とする牛海綿状脳症(BSE)対策の見直し案を説明した。
 全頭検査については、具体的な説明を避けたが「食品安全委員会の検証結果を尊重する」という表現で、生後20カ月以下の若い牛を検査対象から除外する方針を示唆した。
 見直し案は、脳や脊髄(せきずい)など特定危険部位の除去について、処理の時に組織が飛び散って食用部分に付着しないよう指導、実施状況を定期的に検証するとした。また飼料の監視強化や、感度の高いBSE検査法の開発など調査研究も推進するとしており「(全頭検査を緩和しても)BSE対策全体としては危険性を低下できる」(農水省)と説明した。
 この日の意見交換会には約280人が参加。消費者団体の代表を中心に「全頭検査は継続するべきだ」という反論や、「米国産牛肉の解禁条件を整えるのが狙いでは」という批判が相次いだ。
(共同通信)

せっかく意見交換会をやるのだから、少しでも意見を取り入れて欲しいものです。

« 牛肉に流通段階でも識別番号 | Main | 北海道物産展で業者の所在確認 »

ニュース」カテゴリの記事

BSE関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本のBSE対策はこれでいいのか・・・:

» [Food] 日本のBSE対策はこれでいいのか・・・ [Market Management]
気になったのは、現在の検査法で発見するのは困難という所がひっかかります。 [Read More]

» 食品 牛肉 プリオン 全頭検査 BSE [からだの学校 治療院経営成功の極意!!]
食の安全と安心。食生活も大切。選択眼も養うことも必要。とすると教育が大切ということですね。 [Read More]

» New ESRI Speaker Series Podcast: Neal Bratschun, Project Manager, Afghanistan Information Management Services (AIMS) and Winner of a Special Achievement in GIS Award [to make remarkable]
the country build and sustain GIS knowledge and capacity within an exceptional and challenging environment. [Read More]

» Lady Macbeth Not Alone in Her Quest for Spotlessness [esearchers find]
find evidence that those who feel guilty crave antiseptic wipes. [Read More]

» Denver's Martin Speaks to Children About Violence [(YCIP) and hosted]
of NUGGETS.COM. The assembly, labeled “Rally to ‘Pass' on Violence,” was coordinated by [Read More]

» Moms' Vitamins Cuts Kids' Brain Tumors [pregnancy may]
and during pregnancy may be less likely to have children who develop brain tumors by age 5 years. [Read More]

» ESRI Health GIS Conference to Connect Health Professionals [Technology and]
and Spatial Analysis Advance Community Health, Disease Surveillance, and Emergency Systems [Read More]

» Toro Steps Down as Puerto Rico Coach [Toro has left]
the FIBA World Championship. The news was confirmed after the 73-72 defeat by Italy in their final Group D game, bringing [Read More]

« 牛肉に流通段階でも識別番号 | Main | 北海道物産展で業者の所在確認 »