July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 加工食品の品質表示方法 | Main | 残留農薬の基準が改正へ »

August 21, 2004

加工食品の品質表示方法(冷凍食品)

加工食品の表示に加え、独自の表示基準を持っている加工食品もあります。

スーパーで見かける冷凍食品には、加工食品で必要な名称、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、製造者に加え、名称上の枠外に(冷凍食品)、凍結前加熱の有無、加熱調理の必要性という項目が記載されています。

凍結前加熱の有無は、冷凍する前に加熱処理を行っているかどうかを表示します。オムレツやフライ済みのコロッケなどは加熱してあるので、「加熱してあります。」と表示し、パン粉付けしただけのコロッケなどは加熱していないので、「加熱してありません。」と表示します。(中具が加熱してあっても、パン粉付けをして冷凍する前に加熱処理をしていないと加熱してありませんになります。) 加熱調理の必要性は、流水解凍などで食べることが出来るか、加熱しないと食べられないかを記載します。 保存方法は、冷凍食品の業界基準として-18℃以下で保存する事が定められているので、「-18℃以下で保存してください。」と表示してあることがほとんどです。(食品衛生法では、-15℃以下となっています。)

商品パッケージに豚肉入りなどと消費者にアピールするための表示がある場合は、表示の一番下の枠外に原材料配合割合として何パーセント含まれているのかを表示します。

例 お好み焼きぶた肉入り

  製造者 A株式会社
       東京都世田谷区太子堂4-○○-5
----------------------
原材料配合割合:豚肉5.0%(仕込時)

冷凍食品で注意する点は、保存方法と賞味期限です。
一般家庭の冷凍庫では-18℃以下という保存が難しいため、賞味期限まで品質がもつ可能性が低いと思われます。これは、冷凍庫の能力が低いこと、冷凍庫の体積が小さく開閉による温度変化が大きいこと、開閉の回数が多いことが原因です。
一般的な冷凍食品ですと1年程の賞味期限になっているのですが、家庭用の冷凍庫の場合、開閉が多く温度変化が大きい場所で1~2ヶ月、比較的開閉が少なく温度変化が少ない場所で2~3ヶ月が品質が変わらない期間だと言われています。
冷凍庫から未開封の冷凍食品を取りだして、開封した時に袋の中の製品に霜や氷がついていたら温度変化があったと推定されます。(スーパーから持ち帰る時に溶けかかっても品質が悪くなるので要注意です。)

また安い冷凍食品は、中国等からの輸入品が多くなっています。その場合、原産国名と輸入者が表示されています。

« 加工食品の品質表示方法 | Main | 残留農薬の基準が改正へ »

表示違反関連」カテゴリの記事

用語解説」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 加工食品の品質表示方法(冷凍食品):

» [Food] 加工食品の品質表示方法(冷凍食品) [Market Management]
加工食品の表示に加え、独自の表示基準を持っている加工食品もあります。 [Read More]

« 加工食品の品質表示方法 | Main | 残留農薬の基準が改正へ »