July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« アメリカではBSE予備検査陽性を公表しないことに | Main | 鹿児島県県高尾野町の豚コレラもワクチン由来か »

August 05, 2004

食品安全委員会BSE対策でリスクコミュニケーション

全頭検査見直し慎重が優勢 BSEで消費者ら意見交換

内閣府の食品安全委員会は4日、国内で実施している牛海綿状脳症(BSE)対策について、消費者らと意見交換する「リスクコミュニケーション」を都内で開いた。全頭検査の見直しについて賛否両方の意見が出たが、全体としては慎重論が優勢だった。
 同日の衆院農林水産委員会や自民党の政務調査会でも、牛肉の輸入解禁をめぐる対米交渉と国内の全頭検査見直しを切り離すべきだという意見が噴出。食品安全委は6日にプリオン専門調査会を開いて、若い牛を全頭検査の対象から除外しても食品の危険性には影響はない、とする報告のとりまとめに入るが、関係者が納得するには時間がかかりそうだ。(共同通信)

対米配慮の疑念相次ぐ 衆院農水委でBSE質疑

衆院農林水産委員会は4日、牛海綿状脳症(BSE)問題を質疑し、国内で実施している全頭検査の見直しは「対米譲歩ではないか」との疑念が与野党から相次いだ。政府側は「国民の安全重視」(亀井善之農相)と答弁するのが精いっぱいだった。
 西川京子氏(自民)は「米国に譲歩したような印象を与えてもいいのか」、楢崎欣弥氏(民主)も「米大統領選を配慮しているのでは」とただした。これに対して亀井農相は「国民の安全・安心を確保し、理解を得ることが大事。(大統領選には)いささかも左右されない」と答弁した。
 また全頭検査の必要性ついての問いに関して、政府側は全頭検査の意義を認めながらも、今後の対応は「食品安全委員会の議論を注視したい」と繰り返した。(共同通信)

<BSE対策>全頭検査継続を求める意見相次ぐ 消費者団体

国内のBSE対策の見直しを検討している国の食品安全委員会は4日、東京都内で消費者らと意見交換会を開いた。専門調査会は7月に「若い牛を検査対象から除いても危険性は増えない」とする報告書案を公表したが、出席者からは「全頭検査で得られる安心感を、非科学的というのはおかしい」などと厳しい意見が相次いだ。(毎日新聞)

食品安全委員会が、今回出た意見をどの程度取り入れるのか注目ですね。
若い牛を検査対象から除いても危険性は増えないのもある程度納得出来ますし、全頭検査によって安心感が得られているという考えにも同意出来ます。
結局どちらかが誤っているという問題では無いので、どこで線引きするのかが非常に難しいと感じます。
食品安全委員会には、アメリカからの輸入再開問題とか考えずに、消費者を第一に考えて判断して欲しいと思いますけど、無理かなー?
どうも自分には、若い牛を検査対象から外す、全頭検査ではなく年取った牛だけ検査になる、日本で検査対象から外れた若い牛と同じ年齢までの牛に限ってアメリカからの輸入を再開する、みたいな話が出来上がっちゃっているように思えて不信感を感じています。こんな流れの話しになったら、きっと若くない牛を若い牛と偽って輸出しちゃったりするんだろうなぁ。

« アメリカではBSE予備検査陽性を公表しないことに | Main | 鹿児島県県高尾野町の豚コレラもワクチン由来か »

ニュース」カテゴリの記事

BSE関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品安全委員会BSE対策でリスクコミュニケーション:

« アメリカではBSE予備検査陽性を公表しないことに | Main | 鹿児島県県高尾野町の豚コレラもワクチン由来か »