July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« また鹿児島で豚コレラの疑い | Main | 食品安全委員会BSE対策でリスクコミュニケーション »

August 05, 2004

アメリカではBSE予備検査陽性を公表しないことに

<BSE>一度の予備検査、陽性でも公表せず 米農務省

米農務省は4日、BSE(牛海綿状脳症)の検査について、一度の予備検査で陽性反応が出ただけでは、その内容を一般に公表しない方針を明らかにした。新しい基準では、さらに2度の予備検査を実施し、いずれも陽性だった場合に限って公表し、アイオワ州エームズの連邦政府の研究施設で確認検査を行うとしている。風評被害を懸念する食肉業界は方針変更を歓迎する一方、消費者団体は反発している。
 公表基準の変更は、6月末に予備検査でBSE感染の疑いが指摘された牛2頭が、その後の確認検査でいずれも「シロ」と判定されたことを受けた措置。同省は最初の予備検査で陽性反応が出た時点で事実を公表していたが、食肉業界や畜産農家からは畜牛の値下がりなどをめぐって不満の声が上がっていた。
 新たな基準では、予備検査は三つのサンプルで実施し、いずれも陽性だった場合に初めて確認検査に移る。公表もこの時点としている。
 業界団体の全米畜産牛肉協会はさっそく支持を表明。しかし、公表の遅れを懸念する「公共の利益のための科学センター」などの団体は食品の安全性確保が後手に回ることを心配している。(毎日新聞)

公表を慎重に検査手順を変更 米BSE

米農務省は四日、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)感染の有無を調べる検査手順を変更すると発表した。
 新しい検査手順は、同じ牛から三つの検体を取って、一つをまず検査。それが、陽性反応を示せば、残る二つの検体を新たに検査し、どちらかが陽性を示せば、その結果を公表し、詳しく調べるため、組織検査を農務省の研究機関で実施する。これまでは、三つのうちの一つでも陽性の反応が出れば、陽性反応が出たことを公表、さらに組織検査を実施することになっていた。(産経新聞)

うーん?毎日新聞と産経新聞で、書いていることが違いますね・・・
毎日新聞は2度の予備検査でいずれも陽性の場合公表で、産経新聞は、どちらかが陽性を示せば公表するとなっています。
公表の仕方を変えたのは、予備検査で陽性と発表しただけで市場の値段が下がったため、食肉業界から圧力がかかったのではと言われていますが、そこまで検査結果を隠す事はないんじゃないかと思います。農務省が業界の言いなりになっているようなイメージを受けました。
ちなみに日本では、牛海綿状脳症(BSE)のスクリーニング検査結果について(週報)という形で検査結果が公表されています。

« また鹿児島で豚コレラの疑い | Main | 食品安全委員会BSE対策でリスクコミュニケーション »

ニュース」カテゴリの記事

BSE関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカではBSE予備検査陽性を公表しないことに:

« また鹿児島で豚コレラの疑い | Main | 食品安全委員会BSE対策でリスクコミュニケーション »