July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« ジオキサン混入について厚生労働省の見解 | Main | リンゴ果汁にリンゴ酸の続報 »

July 09, 2004

信濃興農のりんごジュース JASマーク抹消

<不正添加物>信濃興農のりんごジュース JASマーク抹消

農林水産省は8日、JAS(日本農林)規格で使用が認められていないリンゴ酸などの添加物を使用しながら、不正に申請・入手したJASマークをつけた濃縮りんごジュースを販売していたとして、長野県須坂市中島の食品販売会社「信濃興農」に厳重注意するとともに、民間の格付け検査機関にJASマークの抹消を要請した。(毎日新聞)

信濃興農株式会社が製造した「果実飲料」におけるJAS格付検査の不正受検に対する措置について

信濃興農株式会社に対する任意調査及び同社が製造した果実飲料(濃縮りんご)の分析等を実施した結果、同社がリンゴ酸、リン酸等を混入し製造した製品がJAS法に基づく果実飲料の日本農林規格に適合しないこと、JAS法に基づく果実飲料の日本農林規格に規定された検査方法ではリンゴ酸、リン酸等が検知されないことを認知しながらも、意図的に財団法人日本炭酸飲料検査協会に対して格付検査を申請し、JAS法に基づく格付検査を受検した上で、不正に入手したJASマークを貼付し販売していたことが確認された。
 このため、直ちに、同社及び財団法人日本炭酸飲料検査協会に対して当該製品の流通経路の確認及び利用者に対する情報提供等を要請するとともに、同協会に対して当該製品についてのJASマークの除去又は抹消の要請を行った。(農林水産省プレスリリース)

通常の検査方法ではリンゴ酸、リン酸等が検出されないことを知っていて、それらの添加物を使用していたって事ですから、かなり悪質なやり方ですね。
でもなんでわかったのでしょうか?


7月12日追加
不正添加物:信濃興農のりんごジュース JASマーク抹消

JAS制度では、国が認定した民間の格付け検査機関が糖度や酸味を検査し、合格すればJASマークを付けられる。しかし、リンゴ酸などの成分検査が義務付けられていない。同社は、この点を認識したうえで、現行の検査制度の盲点を突いた。農水省は「JAS制度始まって以来の悪質なケース」として社名公表に踏み切った。
農水省の調べでは、同社は中国から仕入れた7倍濃縮りんごジュースを1倍強に薄めたうえ、JAS規格で添加が認められていないリンゴ酸、リン酸などを加えて糖度や濃度を高めた業務用ジュース(18リットル缶)を製造。今年3月、5倍濃縮と偽ってJAS認定を受けていた。3月以降、販売されたJASマーク付きジュースは約5900キロ(約330缶)。同社は「添加を始めたのは6年ほど前」などと話しているという。(毎日新聞)

どんな事をしていたのかの詳しい説明がありました。
意外とJAS規格の検査って簡単な事しかやらないんだと思った。
他にも添加物とかを加えて酸味や、糖度を調整してJAS認定を受けていたメーカーがありそうな予感が・・・

« ジオキサン混入について厚生労働省の見解 | Main | リンゴ果汁にリンゴ酸の続報 »

ニュース」カテゴリの記事

添加物関連」カテゴリの記事

表示違反関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 信濃興農のりんごジュース JASマーク抹消:

« ジオキサン混入について厚生労働省の見解 | Main | リンゴ果汁にリンゴ酸の続報 »