July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 輸入塩が原材料だった有名産地の塩 | Main | 健康食品って効くのだろうか・・・ »

July 22, 2004

ビタミン剤で牛肉の鮮度偽装か

薬剤で牛肉の鮮度偽装か 京都市、精肉店など調査

京都市西京区の精肉店が薬剤を使って牛肉を新鮮に見せ掛け販売していた疑いが強まり、京都市は21日までに、同店と市内の食肉処理場や販売先など約1600カ所の立ち入り調査を始めた。
 また京都府と近畿農政局も、この精肉店が輸入牛肉を国産と偽って販売した疑いがあるとして、日本農林規格(JAS)法違反などの疑いで調査を始めた。
 京都市によると、同店が食品衛生法で表示が義務付けられている添加物を牛肉に使っているとの情報が寄せられ、20日に立ち入り調査した。同店の社長は最近までビタミン剤のアスコルビン酸を使用していたことを認めたという。
 立ち入り調査時に販売していた牛肉からは検出されなかった。
 アスコルビン酸は通常白い粉末で、牛肉に振り掛けると赤みが増して新鮮に見える。人の健康に影響はないという。(共同通信)

京都の精肉店に鮮度偽装と産地偽装の疑いがあると報道されました。
アスコルビン酸は、指定添加物(合成添加物)で正式な名称はL-アスコルビン酸、別名のビタミンCという名前が一般的です。
ハムやソーセージ、清涼飲料などで酸化防止剤として使用されます。
他には、ビタミンCの栄養強化剤としても使用されます。
毒性などは指摘されていません。

牛肉に使用すると赤みが増して新鮮に見えるというのは、酸素によって酸化され牛肉が褐色に変色するのを防ぐ働きがあるためです。(酸化防止剤としての働きが、変色防止剤としても働きます。)
しかし、ハムなどでは、ビタミンCなどの酸化防止剤の使用は認められていますが、食肉そのものに変色防止目的で使用することは認められていません。

7月24日追加
アスコルビン酸の他に、リン酸塩なども使用していたのではとも聞きました。
さらに詳しい事がわかり次第、続報を載せたいと思っています。

« 輸入塩が原材料だった有名産地の塩 | Main | 健康食品って効くのだろうか・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

添加物関連」カテゴリの記事

表示違反関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビタミン剤で牛肉の鮮度偽装か:

« 輸入塩が原材料だった有名産地の塩 | Main | 健康食品って効くのだろうか・・・ »