July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 宮城でもBSE疑い牛が・・・ | Main | BSEの全頭検査に限界があることを認めた »

July 01, 2004

ペプシブルーって人気なのか?

発売直後はそれほどでは無かったのですが、今週に入ってからペプシブルーって検索してこのページにたどり着く人が急増中です。

この人気はいったい何なのか?と調べてみた。
とりあえず発売日にレビューしたようにあまり体に良いものを使っていないのはたしかだって確認できました。

真田さんのサイト マジで危険「ペプシブルー」発癌性にアレルギー。http://blog.livedoor.jp/sanayuki/archives/3396831.html
青1,赤102が何に使われているのかや、毒性などについて詳しく書かれています。勉強になりました。


じゃー何が話題なのかと思ったら、どうもコレのようです・・・
欲しいなら・・・買えっさんの http://hacchan.jugem.cc/?eid=155
記事によると出るものが緑色になるそうです・・・

まぁ怖いもの見たさって奴でしょうか?
体にとっても悪そうですが、興味をもった方がチャレンジしているようです。

あと気になったのは
ノンスタンダードさんのペプシブルーを考える   http://yaplog.jp/tsukasa/archive/18

『アメリカやヨーロッパをはじめ、世界40カ国以上で発売され、大きな話題を呼んでいる』って書いてあるけど、アメリカやEUで使用禁止の添加物じゃないのか?本当に発売されているのかって疑問です。

これには確かに変だよなぁと感じました。

世界の端っこでボクは叫ぶ。さんのアルコールで割ってカクテルにするにはいいかも?http://kageroh.jugem.cc/?eid=120#comments

2002年にアメリカで発売されたものの、生産中止

とのことですので、売っていたのは確かなようなのですが・・・


こうなると世界40カ国でペプシブルーが大きな話題を呼んだって「どんな内容の話題だったのか」気になってきます。まさか○○○が緑色になると話題だったのか?

海外のサイトをGoogleで検索するとhttp://www.pepsiblue.com というオフィシャルサイトがあったようですが、既に閉鎖されていて普通のペプシのサイトに繋がってしまいます。http://www.pepsiworld.com/home.php
色々探していたところ、ついに発見しました。

コーラ白書さんのデータベースにアメリカで購入したPEPSI BLUEのレビューがありました。
また、日本のPEPSI BLUE 試飲レポートもあったのですが、それによると日本とアメリカのものでは中身が別物だそうです。

使用添加物の内容まではわからなかったのですが、日本の物とは着色料が違う可能性が高いですね。
でもそうなると中身が別なものなのに、『アメリカやヨーロッパをはじめ、世界40カ国以上で発売され、大きな話題を呼んでいる』って表現は適切なんだろうか?不当景品類及び不当表示防止法《略称:景品表示法》とか引っ掛かってきそうな気もしますが・・・

あと一部で自主回収されているのではって話もあるようですが、国民生活センター 回収・無償修理等のお知らせに乗っていないので、噂ってだけのような気がします。同じサントリーのリキュールの自主回収のお知らせが載っているので、ペプシブルーが自主回収なら載らないはずはないと思うのですが・・・

追加
海外のサイトのレビュー原材料表示のうつしがありました。
Ingredients: carbonated water, high fructose corn syrup and/or sugar, citric acid, natural and artificial flavors, phosphoric acid, potassium citrate, potassium benzoate and potassium sorbate (to preserve freshness), caffeine, gum arabic, ascorbic acid and calcium disodium EDTA (to protect flavor), blue 1, red 40.
着色料は、青1と赤40のようです。
その他の内容についてはエキサイト翻訳にかけても何となく何が入っているのかわかります。
それにしてもレビューの内容が☆半分・・・A horrible beverage. 恐ろしい飲料???って事ですよね。

どうもアメリカでは、赤102が使用禁止ってことらしいです。なのでアメリカ版には赤40が入っています。
じゃーヨーロッパでは何を入れていたんだって気になったのですが、ヨーロッパのPepsiblueの情報が見つからないよー

8月9日追加
いしくんさんから頂いた情報で、EUで青1号は使用禁止じゃないという記載がありましたので、それに関連した部分を削除致しました。
ヨーロッパの添加物の基準、94/36/EC Brilliant Blue FCFsoft drinks 100 mg/litreと使用基準が定められているようです。

« 宮城でもBSE疑い牛が・・・ | Main | BSEの全頭検査に限界があることを認めた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

添加物関連」カテゴリの記事

ペプシブルー」カテゴリの記事

Comments

いしくんさん、こんにちわ
2重投稿は気にしないでくださいね。
片方は削除しておきました。
そして、面白い情報を教えていただきありがとうございます。
94/36/ECって基準があるの知らなかったです。それによると、Brilliant Blue FCF(青1号)もEUで使えるようですね。

二重投稿申し訳ありませんでした。

http://www.tokyo-nazo.net/~tester/kako/news0406b.html#2004626

情報を見つけたので、ちょっと見てみてくださいねぇ。
Euのことも書いてあるっぽいです。

はじめまして。ツカサと申します。
遅くなりましたが、トラックバックありがとうございました。
今はもう売り切れ、ウチのコンビニから消えました。
あの時期は小さいコが3本買いとかして行くのを見て、
止めたいきもちを必死に押さえつつレジを打ってました。
時期的にアカネ色素(人工着色料関連)が問題になる
直前に売りはじめ、そして売りきったてのもちょっと気になる所です。
それにしても、海外レビューもやっぱり恐ろしい飲み物ってなってるんですね…ブルー恐。

takaさんのブログは興味深い話題ばっかりなので、
これから過去の文章も読ませていただこうと思います。
それでは、失礼致します。

takaさんこんにちは。
Tバックありがとうございます。
そして、かなり参考になりました!
やはり他国の商品とは成分違いますか~。
しかも味が違うとは・・・。

トラックバックどうもですっ。

ちなみに昔のペプシブルーの公式サイトの様子は、インターネットの博物館で見ることが出来ます。(完全ではないですけどあくまで雰囲気だけ)

http://web.archive.org/web/*/http://www.pepsiblue.com/

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ペプシブルーって人気なのか?:

» 今日の気になったモノ(コーラ) [mitei]
・PEPSI X (ペプシ エックス)  夏季限定、ガラナ入りのペプシコーラ。  ペプシブルーの時のような面白いことは何か有るだろうか?(検索すると色々ひっかかる)  コカコーラ白書さんに書かれているのを見ると分かるように、世界では去年から発売されていたらしい。  「北米でなくアジアに投入してきた」と言うことらしいが、原材料見ると赤色102号が使われている。  あでてぃぶコラムさんの表を見ると、赤色102号はアメリカでは禁止されているそうだ。  まあ、ペプシブルーの時も同じような話は有っ... [Read More]

» Tylenol overdose. [Tylenol overdose die.]
Tylenol 3 overdose. Tylenol overdose. Survivalbility of tylenol overdose. Tylenol pm overdose warning. [Read More]

» Phentermine offer. [Phentermine offer.]
Phentermine offer. [Read More]

« 宮城でもBSE疑い牛が・・・ | Main | BSEの全頭検査に限界があることを認めた »