July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« はるさめの過酸化ベンゾイル2 | Main | 若い牛の感染リスクが少ないのには同意したが・・・ »

July 16, 2004

若い牛をBSE検査対象外へ・・・

BSE 若い牛、検査除外も 人へ感染、危険低い 安全委報告

BSE(牛海綿状脳症)国内対策を検証している内閣府の食品安全委員会は十五日、病原体の異常プリオンが検出できない若い牛の場合は検査対象から除外しても人に感染する危険性は増えないとする報告書案をまとめた。十六日開かれるプリオン専門調査会でたたき台に議論する。BSE対策として、国内で食用されるすべての牛を検査する全頭検査の見直しを事実上容認する内容で、米国産牛の輸入再開の実現性が高まった。
 報告書案は、BSE感染牛を食べて感染するとされる人のクロイツフェルト・ヤコブ病が日本国内で発生するリスクは0・135-0・891人と一人にも満たないと推計した。
 また病原体が蓄積されない若い感染牛について、現在の検査方法では感度に限界があり、感染が確認できない。このため若い牛を検査対象から外しても、全頭から感染性のある脳や脊髄(せきずい)などの特定危険部位を除去するダブルチェックで、「人間の新変異型ヤコブ病が発生するリスクは増加することはない」と国内では人への感染リスクの排除が可能と結論付けた。
 若い牛の月齢は特定せず、所管する厚生労働省の専門家会議の判断に委ねる。日本で生後二十一カ月、英国で二十カ月の感染牛が確認されており、政府は「生後二十カ月未満」を軸に、「二十四カ月」「三十カ月」-の三案で線引きの議論を進める。
 政府は「食の安全基準は内外同一」との立場をとっているため、若い牛をBSE検査から除外することで、一定の月齢以下の米国産牛肉の輸入再開が可能となる。
 米国で食肉処理される牛は十五-十八月齢の若齢牛が中心で食肉用の八割程度が二十カ月未満。日本側が検査対象を緩和すれば米国産牛の大半が検査対象外となり、輸入再開の運びとなる。(産経新聞)

BSEの全頭検査に限界があることを認めたの流れに沿った展開を見せています。
今後の論点は、何ヶ月の牛を基準にして検査対象から外すかと、月齢の確認方法をどうするのかって事に移るのでしょうね。
日本のような牛のトレサビリティを果たしてアメリカがやるのかという疑問もありますが・・・
アメリカで行われている歯の鑑定だけで月齢を判断する方法は、正確じゃないって聞きますが、手間を考えると日本のようなやり方はやりたがらないでしょう。
それとアメリカだけ若い牛を検査対象外にする事は出来ませんから、日本国内の牛も若い牛はBSE検査の対象外になると思います。

はたして、この肉はBSE検査していませんが安全ですって商品説明に書いた場合売れるのだろうか?
日本政府は今まで全頭検査をしているから安全です!!と、ずっとアピールしていましたから、急な展開に消費者の認識がついてこれるのでしょうか?正確な情報を判りやすく消費者に伝えるのは結構大変そうですが・・・

« はるさめの過酸化ベンゾイル2 | Main | 若い牛の感染リスクが少ないのには同意したが・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

BSE関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 若い牛をBSE検査対象外へ・・・:

« はるさめの過酸化ベンゾイル2 | Main | 若い牛の感染リスクが少ないのには同意したが・・・ »