July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Main | NEDOアルコールの経過と結末 »

June 07, 2004

NEDO製アルコールに発ガン性物質

NEDO製造のアルコール3種に発がん性物質混入
 

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は4日、NEDOが製造・販売したアルコール「95度1級アルコール」など3種類に発がん性が疑われる化学物質が混入していたと発表した。
 アルコールは主に酢、しょうゆ、みその食品添加物に使われているが、NEDOは「通常の摂取量なら、人体への影響はほとんどない」としている。混入していたのは、通常はオイルやワックスに使われる化学物質「ジオキサン」。(読売新聞)

影響がほとんどないって言っていますが、言い換えると全く影響無いと言えないって事ですね。
アルコールは、アルコールという表示の他、エタノール、酒精という表示があります。
酢や清酒、みりんの原料として使用するほか、しょうゆ、みそ、タレ、ソース、水産ねり製品の日持ち向上剤として使われます。
また、表示する義務がないので商品に書いてないのですが、かまぼこ、はんぺんなどの表面に噴霧したり、
ベーコンの原料肉を漬け込んだりして、表面殺菌にも使われています。
アルコールを直接使用する食品だけでもとても多いのですが、マヨネーズなど酢を使って作る食品も含めると非常に多くなります。
さて、ジオキサンですが、アンゼン衛生情報センターの化学物質等安全データシートによると、安全な物質とはちょっと言えないもののようです。
発がん性
IARC 2B(ヒトに対して発がん性があるかもしれない物質)
日本産業衛生学会 第2群B(ヒトに対しておそらく発がん性があると考えられ、証拠が比較的に充分でない物質)
変異原性
変異原性が認められた物質(厚生労働省)

それにしても、NEDOのホームページにこの件についてのお詫びとか説明が全然ないのは何なんでしょうか?
普通の会社だとトップページにどのロットに入っていたとか、こうした理由で何に使っていた物が混入したとかの説明くらいするものですが、独立行政法人だとあまり気にしないのでしょうか?

Main | NEDOアルコールの経過と結末 »

ニュース」カテゴリの記事

ジオキサン関連」カテゴリの記事

Comments

Hello guys, interesting discussion... BTW what you think about Drugs - alcohols detox is bad

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NEDO製アルコールに発ガン性物質:

Main | NEDOアルコールの経過と結末 »