カテゴリー

« 10年2月20日浜松基地 | トップページ | 飛行機撮影 ブルーインパルス前半編 »

2010年3月 3日 (水)

JAL機体整備工場見学会その8

JAL 日本航空

JAL機体整備工場見学会その8

CAさんの1日の仕事の流れの説明に戻ります。
とにかくやることが非常に多くフライト前からフライト終了後まで仕事が山積みとなっています。

出頭時刻(ショウアップ)
国際線、国内線の違いのほかに搭乗する機種によっても時間が異なるそうです。
P1030675

退社時に予定をしっかりと確認せずに帰り、翌日、羽田に出社したら、あなた今日は成田からフライトよ。と羽田から成田まで自腹でタクシーを飛ばす事もあるとか・・・

掲示確認・書類P/U
SVCプロシージャに関する変更等の掲示を確認します。
P1030677
この見学会では、動画撮影と録音が禁止されていたのですが、ほとんどの場所で静止画なら撮影自由でした。その中で唯一、撮影禁止となったのが、廊下に張り出されていた掲示です。実際の運航やサービス、保安などに関わるとの理由でした。
廊下を歩いているときに本物を何枚か拝見させて貰ったのですが、日本語や英語で様々な内容が掲示されていました。
○○に□□の△△について質問を受けたときの返答例とか、○○の××についての注意事項などなど・・・


機内販売の準備
フライト中の機内販売でも、色々なサービスが始まったりするので、その対応もあります。
例えば、09年12月から国際線機内販売でJAL IC利用クーポンが利用可能になったのですが、最初に利用者が現れたときには、CAさん皆で初めてなので見させてくださいとお願いして決算処理を行った話も伺いました。
携帯電話の電源がOFFでもICチップが使えるそうです。ちなみに電波を通さない箱の中に入れて処理をするそうです。
キャビンアテンダントが開発!JALショッピング

路線情報確認
路線ごとの客層、新しいキャンペーン情報を確認します。


アロケーションチャートの作成
先任の客室乗務員が各乗務員の配置を決めます。
担当するドア、担当するクラス、坦務(GLY/PA/SALES等)
P1030690


出発前ブリーフィング
アロケーションチャートに沿って自己紹介、パスポートなどの乗務必携品の確認、当該便のCS方針、お客様に関する情報を共有します。
パスポートを忘れているCAさんも時々居るようですが、ここで気が付けば間に合います。
飛行機への移動


Pre-FlightCheck
CABIN SQWKの有無確認 旅客座席(リクライニングなどの機能)
備品の搭載確認、客室内の清掃状況
ギャレーでは、食事の搭載数、キッチン用備品の搭載確認、ギャレー内の電気系統確認、飲み物カート内のチェックが行われます。
寒いところに駐機してあると凍ってしまうこともあるそうで、カートの外に置くこともあるとか・・
P1030694


Cockpit Briefing
メンバーの確認、飛行情報、緊急時を含む相互連絡方法の確認、シートベルトサインの取り扱い確認、操縦室への入退室方法の確認、危険物の有無、お客様情報の確認を行います。

SECURITY CHECK
機内に不審物などがないか、安全上脅威となる物が残されていないかを乗務員が確認する。

Boarding
BAG担当がGATEにて機内に収納できない荷物を事前に案内、WCHRやプライオリティー旅客の案内など

Departure
手荷物収納状況の確認、旅客情報の最終確認、追加MEAL等の確認、ドアモード変更、SafetrDEMO、出発前の最終安全確認を行います。
救命胴衣の説明などはビデオを使用しますが、調子がわるい時は、実際にCAさんが説明を行うそうです。
ファーストクラスの料理は一皿ずつ盛り付けを行い、ご飯も電子レンジを使用して炊飯するそうです。
P1030700
P1030702

料理の温める方法も、カートのヒーターでトレーごと温める方法から、スチームオーブンで加熱する方法へと変わっています。
P1030703

機内販売、交代で休憩や食事、路線によっては2度目の食事軽食の準備と続きます。
P1030704

到着前
搭載品の収納、保税品処理、機内販売会計処理、上着の返却、着陸前安全確認を行います。

到着後
機内忘れ物チェック、保税品の最終処理、KIへ旅客の引継ぎ、整備へシップ状況の引継ぎ、自分の荷物をまとめて降機

De-Briefing
フライトの振り返り、機内販売実績・金銭の処理、提供した食事のDB入力、提出書類の作成、NGRより伝達事項、帰社確認→次のフライトの確認
食事はどんなものが好まれるのかを把握し、次のフライトの時に、ハンバーグが無くなりフィッシュにして頂けますか?と変更を依頼するなど、お客様にご迷惑をお掛けすることが減るようにしているそうです。

JAL用語の説明もありました。
KI、KDって何の略かと思いますか?
KI=空港インターナショナルスタッフ、KD=空港ドメスティックスタッフの略だそうです。
何でAirportじゃなくて、Kuukouなのだろう・・・

« 10年2月20日浜松基地 | トップページ | 飛行機撮影 ブルーインパルス前半編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL機体整備工場見学会その8:

« 10年2月20日浜松基地 | トップページ | 飛行機撮影 ブルーインパルス前半編 »