カテゴリー

« 築城基地航空祭2007フライトスケジュール | トップページ | 浜松基地07年11月22日ブルーインパルス中継 »

2007年11月15日 (木)

F-2墜落原因は配線ミス

名古屋空港で起きたF-2墜落事故の原因が判明しました。

原因は配線ミス=機体制御できず落下-名古屋空港のF2機炎上・防衛省事故調

愛知県豊山町の県営名古屋空港で航空自衛隊のF2支援戦闘機が離陸に失敗し炎上した事故で、防衛省事故調査委員会は15日、機体を制御する2種類の配線を逆に接続したことが原因だったとの調査結果を明らかにした。
 事故調によると、機首の上下方向の動きを感知するピッチ・レート・ジャイロと、機体の横回転の動きを検知するロール・レート・ジャイロの配線を逆に接続。このため、離陸しようと機首を上げた際に、飛行制御するコンピューターが正しく認識できず、水平尾翼が異常な角度で上下した後急上昇。機長が機首を下げようとして落下したという。機長の操縦に問題はなかった。(時事通信)

何という単純なミス・・・
分解整備をした時に配線を間違えたのでしょうか?
あの変な挙動をしたのも納得です。
でも、機体の欠陥とかじゃ無くて良かったです。
これで飛行再開の目途も付くかな?

« 築城基地航空祭2007フライトスケジュール | トップページ | 浜松基地07年11月22日ブルーインパルス中継 »

コメント

すいませんでした、貴重な情報を頂きまして
感謝、感謝です。またよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33825/17082899

この記事へのトラックバック一覧です: F-2墜落原因は配線ミス:

« 築城基地航空祭2007フライトスケジュール | トップページ | 浜松基地07年11月22日ブルーインパルス中継 »